« 函館へ…松前① | トップページ | 松前・寺町…③ »

2012年5月16日 (水)

松前の桜…②

065松前と言えば、お城、松前藩、そんなことしか知らず、

ちょこっと桜も有名とは聞いていた程度で、しかし行ってみると

それはそれは本州の桜とは全く違うさまざまな桜たちが迎えてくれました。

早咲きの桜は既に散っていましたが、

それはそれで地上を彩る花びらとなり、

103すてきな私たちの桜まつりでした。

069松前の桜の始まりはソメイヨシノ1000本を大正天皇ご成婚を祝して植えられたことからという。

「北海道有数の桜の名所松前公園。松前公園の桜は250種類、1万本です。

097087


「桜といえば、エゾヤマザクラを思い浮かべますが、松前公園内の桜はソメイヨシノをはじめ、南殿(なでん)、雨宿(あまやどり)、糸括(いとくくり)、一葉(いちよう)、関山(かんざん)、普賢象(ふげんぞう)などがあり、松前生まれの
鬱金(うこんなど100種類が存在し、見る人を楽しませてくれます。」

120113そんな風にありました。

なるほど!「鬱金」も松前産なのか
(そして今、「松前産」で突然思い出す、しまった!松前漬けを買ってくるのわすれた!と)

松前公園は日本最北、道内唯一の日本式城郭。
福山城(松前城)がある公園。
松前城のほか、松前藩主松前家墓所、桜見本園、それと寺町と呼ばれる松前城北部の5つの寺院がある。

計画した時はお城付近だけでいいかと思っていたが、その隣が見本園で、楽しく見て回っているうちに

寺町になり、私は松前の見どころを見て歩くことができた。

110684


126


110697



松前公園は4月下旬から5月下旬にかけて、道内で最も早い桜の名所として名高い。また、道内随一の桜の名所でもある。

約1万本が咲き誇るここの桜は、250種類と種類が豊富であり、花びらの数が多い(5枚以上)品種が多いのが特徴。また桜の季節が1ヶ月以上と、長いことでも知られる。

松前が桜の名所として有名になったのは、「花守(桜守)」という、当時町役場の職員だった故・鎌倉兼助氏が函館にも負けない花見で町を盛り立てようとして、植樹・増殖活動をしてからだという。

有名な光善寺の血脈桜から枝をもらったという。

大正末期から昭和10年代まで根気よく続けられ、戦後も再び植え続けられたという。荒れた人々の心を慰めようとしたらしい。

今でも「南殿」が一番多いのは彼の功績によるという。

その後、二代目花守として、小学校教諭の浅利政俊氏が尽力した。

152
桜の調査を始め、児童たちと「松前町桜保存子供会」を立ち上げ、全国から様々な桜の種を集め、収集・交配を繰り返し、150もの新品種を生み出したということだ。

150そのうち松前生まれの固有種は約70品種に上るという。

浅利さんが子供たちと築き上げたサクラ園が現在の「桜見本園」で、一般に公開され、ここでは約100品種300本の桜を鑑賞できる。

この精神が今も受け継がれ、多くの人のボランティアに守られている松前の桜。

154


美しいはずだ。人々の思いが詰まった花が咲いている。

松前では「サクラが咲いたね。」ではなく

「南殿」が満開だから、そろそろ「雨宿」が咲き始めるかな、と話すのだという。

まさに、さくらの里の会話である。

サクラを誇りにして、桜とともに生きる、町の人みんなが「花守」なのだ。

そこに無事に行けた私もまっこと幸せであった。

山桜などが好きだったが。これはこれでみんなの熱い思いが伝わってくる。

156松前公園のおおよその桜開花時期

特別な桜:
・冬桜(4月上旬及び12月ころの年2回咲く)
早咲(4月下旬~5月上旬):
・オオヤマザクラ
・ソメイヨシノ(松前城入口脇の桜前線本道上陸標準木など)
・南殿(なでん)(光善寺血脈桜など、松前で最も多く見られる松前早咲)
中咲(5月上旬~5月中旬):
・雨宿(あまやどり=白色)(松前城界隈など)
・糸括(いとくくり=手まり状が特徴)
・御衣黄(ぎょいこう=黄色の花弁が特徴)
遅咲(5月中旬~5月下旬):
・一葉(いちよう)
・関山(かんざん=花弁10枚、紅色が特徴)
・普賢象(ふげんぞう)

黄色の花弁が特徴の「御衣黄(ぎょいこう)」、黄緑色の「普賢象(ふげんぞう)」、「鬱金(うこん)」「静香」「白鵬」などのオリジナル品種があり、すべて見られるのはここだけだという。

そのため、松前町は独自に桜の品種別開花予想を出している。大変だけど、おもしろい、ね。

確かに観光協会のページには「おもな桜の開花予想」などがあった。(③へ続く)

|

« 函館へ…松前① | トップページ | 松前・寺町…③ »

旅行・地域」カテゴリの記事

自然 山 植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 函館へ…松前① | トップページ | 松前・寺町…③ »