« 『風の子守歌…明日の君へ』ひな祭りに・・・ | トップページ | 3月はお忙しく・・・まずは »

2012年3月 5日 (月)

『悪魔の涙』 ジェフリー・ディーヴァー

私は普通は昼間は本を読まない。

寝付く前に布団の中で読むのみ。

しかし今日は昼間から読んだ。

なぜなら、明日図書館に行く必要があるから。
この本を読み終えたい。

御存じディーヴァーの作品。2000年に初版が発刊された。

久しぶりのミステリで、最初はなんだかとっつきにくいような気もする。

しかし、後半はどんどん行けた。

なかなか面白かった。

リンカーンライムが出てきたり。

彼の作品にはさまざまな職業の人が登場する。今回は文書検査士。

内容(「BOOK」データベースより)

世紀末の大晦日午前9時、ワシントンの地下鉄駅で乱射事件が発生。間もなく市長宛に2000万ドルを要求する脅迫状が届く。正午までに“市の身代金”を払わなければ、午後4時、午後8時、そして午前0時に無差別殺人を繰返すとある。手掛りは手書きの脅迫状だけ…FBIは筆跡鑑定の第一人者パーカー・キンケイドに出動を要請した。

14冊目

|

« 『風の子守歌…明日の君へ』ひな祭りに・・・ | トップページ | 3月はお忙しく・・・まずは »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『風の子守歌…明日の君へ』ひな祭りに・・・ | トップページ | 3月はお忙しく・・・まずは »