« ふきのとうと・・ | トップページ | 『県庁おもてなし課』 有川 浩 ⑮ »

2012年3月17日 (土)

甘平

「甘平」と書いて

「かんぺい」

なぜそういうのか、今はまだわからない。

大きいミカンのよう019

0151手で簡単にむける薄い皮、

017


018

中身はずっしり詰まっていて
甘い。

さっぱりしていて
伊予かんのようには手が濡れない。

八朔系かな。

でも酸っぱみはなく
甘い。

優しい甘さ。

母の誕生日に娘がお茶と一緒に送ってきたもの。

今回は量より質で
という話だったから

「高いね、これは」
「きっと私たちが思うよりもっと高いのよ。」

などと
娘がくしゃみをしそうな話を母と私でする。

今見たら、やっぱり3キロで結構高い。

でもそれだけインパクト有って、美味しくて印象に残ったよ。

ありがとう。

「雑柑種の「甘平」は、「西之香(「清見」×「トロビタオレンジ」)」と「不知火(デコポン)」を掛け合わせて育成されました。品種登録は2007年と、デビューしたての新人さんです。現在は育成地である愛媛県のみで栽培が許可されています。

優れた食味・・・・
なめらかで極薄の果皮をした「せとか」が非常に女性らしいとされるのに対し、「甘平」は果皮がややゴツゴツとしていますが、食味は良好で『柑橘類の王様』とも言われます。皮が薄く、果実を包んでいる袋が薄いため手で皮をむきやすく、種もほとんど無いのでお子様でも簡単に食べることができます。また、果肉がギッシリと詰まっており、プチプチとした食感を楽しめ、酸が少ないので甘さが強く感じられます。

栽培は難しいけれど・・・
食味に優れる「甘平」ですが、夏場に大きく成長した際に、皮が薄いので成長途中で皮が耐え切れずに破裂してしまう(裂果)ことがよくあります。栽培がとても難しく、昨年は大幅な数量減となりましたが、今年はそのようなこともなく、順調に生育、東京青果を主力に出荷されています。」(日本農業再生さんのHPより)

そういえば「割れやすいので取扱注意」とあったなあ

|

« ふきのとうと・・ | トップページ | 『県庁おもてなし課』 有川 浩 ⑮ »

お土産・頂き物」カテゴリの記事

コメント

おばあさまへの、
心と甘みのぎっしり詰まった
お祝いの品だったのですね。

投稿: 小夏 | 2012年3月17日 (土) 13時46分

あまりみかんが好きでない私
理由は「むくのが面倒」ということだけなのです。
これは
大きいので食べ甲斐がある。
一度むけば簡単、ということで大変気に入りましたが、
高そうなので・・・

投稿: いち | 2012年3月19日 (月) 10時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ふきのとうと・・ | トップページ | 『県庁おもてなし課』 有川 浩 ⑮ »