« 節分から立春 | トップページ | 誕生日のケーキが »

2012年2月 6日 (月)

孫と紙芝居

熱が下がってから
二日は保育園に来てはいけないということで、
そんな元気な孫と一日遊んだ水曜日。

朝から

「お絵かきしよー」
私が行動的でないのは知っている。

「いいよ」
昔、動きたくないのでテーブルでできるものということで
「本」を作ったことがある。
その作った本は大事にとってあるようだ。

その続きをしたいという。で、ナンバー5,6を作る。

シュールでかわいい本の内容や絵は
大人には勝てない。書けない。

やがてそれにも飽きて、どんどん話は進み膨らんでいく。

で、「かみしばい、って、してもらったことはあるけど、
どうやって作るの?」と聞く。

うまいね、進め方。

「それはね、こうやって・・・」

Dsc_0097「何のかみしばい作ろうか。」と私。
「サーカスに行った話にしようか。」
行ったことないけど、本では読んだことあるのかな。

で、まずできたのがこの「ぺろちゃんとサーカス
ぺろちゃんはサーカスでお友達に会い、名前にちなんで?ピエロからぺろぺろキャンディを買います。
帰りにサーカスのお姉さんからも飴をもらったそうです。キャンディが好きなのね。

サーカスと言えば?と聞けば、

「空中ブランコとか!」目を輝かせて答える。

その想像力で見事なかみしばい?ができました。
鉛筆で書いたところがなかなかうまく写らないけど、まあまあ。

できたのでさて一休み、と行かないのが元気な子供。

「もう一つ作りたい。」
「いいよ」

そしてさらに・・・

次はすごろく
話している途中でさいころを作ることになる、
ここで「ばあ」の見せ所!とばかり、サイコロを紙で作り(あの展開図であります)
孫は感動していました。

それから
大きなすごろくを作って・・・

休憩時間なしの一人保育園は終わりました。

保育園の先生は大変だなあ、と実感しました。

パパとママの前で紙芝居をして見せる少し照れて得意げな姿。

とても楽しかったです。いい時間でした。

|

« 節分から立春 | トップページ | 誕生日のケーキが »

家族のテーブル」カテゴリの記事

楽しく暮らす・衣食住」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 節分から立春 | トップページ | 誕生日のケーキが »