« 『明日につづくリズム』 とふるさと | トップページ | 新しい年が始まりました! »

2011年12月30日 (金)

残りわずかなこの年に思う

今年ももう少しになりました。

子供や孫たちが帰ってくる前にまだやることがあります。

リフォームで押し込んだものを片付けて
娘たちが泊まれるようにすることです。

ハイハイと歩きのごっちゃの孫がけがしないように
掃除もしなくてはなりません。

そんなこんなで
行く年を惜しむ時間があまりありません。

今日は
母のところに行って
夫は外回りを
その間に私は家の中をちょっと掃除という予定です。

日本海側は
雪模様ですが
こちらは毎日いい天気です。

毎日
真っ赤な太陽が向こうの山に沈んでいきます。

P1320759


あしたまた東から昇ってくるために。

しばしの別れです。
でも必ず明日もやってきてくれる。
たとえ雲にさえぎられようとも、その向こうには必ず太陽はいてくれる。

ありがたいことです。

今年
何とも言えない悲しみが我々日本を覆いました。

実は夫の実家も福島で、姉や兄が仙台や茨城にも住んでいます。

山のほうなので、ひどい被害はなかったのですが、
それなりに、大変だったと聞きます。

でも・・・みんな無事です。

どうぞ
みんなの上に温かい太陽が照りますように、
そう願い、来年を思い、今年の夕陽を眺める私です。

|

« 『明日につづくリズム』 とふるさと | トップページ | 新しい年が始まりました! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

に遮られようとも
その向こうに居てくれる太陽・・ありがたい・・
ほんとに
同感です。

投稿: 小夏 | 2012年1月 2日 (月) 09時34分

突然日がさすことがあります。
急に周りが明るくなって
太陽の明るさはすごいです。
ありがたいです。

投稿: いち | 2012年1月 2日 (月) 19時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『明日につづくリズム』 とふるさと | トップページ | 新しい年が始まりました! »