« 『モダンタイムス』伊坂幸太郎 | トップページ | ただいま・・・ »

2011年11月22日 (火)

『人生がときめく片づけの魔法』近藤麻理恵

長いこと
リクエストして待っていた「だんしゃり」系の本があったが
娘のところで、
この本を飛びつくように借りてきた。

こちらの方が題名もなかなか素敵で前向きである。

あっというまに読み終えた。

人生がときめく片づけの魔法 67

「数ページ読んだだけで、すぐやってみたくなるね。」

娘もいう。

「私も電車の中で読んでいて、出かける予定を変えて家に帰ってやりたくなっちゃった。」

娘の家は我が家に比べたら
何も無い、のにである。

本に書いてある家は
まさに我が家を見ているよう。

12月にリフォームをする予定なので、
まさに今は天の恵みの時期だ。

しかしいろいろ予定もある中、(「すべて遊びの予定でしょ」、と嘆く私に息子は言う。)まあそうだけど。
どうがんばるか、人生最大の、私にかかっている。(意気込みはすごい!)

自分が本当に好きなモノの根っこは、時が立っても変わらないと私は思います。そして、その根っこを見つけるのに片づけは大いに役立つのです。」

「何を持つのかは、まさにどう生きるのかとおなじこと。」

「捨てられない原因。」…「過去に対する執着」と「未来に対する不安」

「今、自分が持っているモノにていねいに向き合い、いらないモノを減らしていくだけでよいのです。」

でも最初はやっぱり捨てる!んだよなあ。
全部にときめいちゃったら、どうしよう。

|

« 『モダンタイムス』伊坂幸太郎 | トップページ | ただいま・・・ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『モダンタイムス』伊坂幸太郎 | トップページ | ただいま・・・ »