« 『謎解きはディナーのあとで 』東川 篤哉 | トップページ | アイコばあちゃんの卵焼き »

2011年10月 8日 (土)

ほめることはすばらしい!

電話で娘と話す夕方のひととき。

○ちゃんね
すごくえらいのよ。聞いてね。
マゴッチ1号の話をする。本人に聞かせたいようだ。

そろそろ大人の話に耳を近づける年頃。
近くにいるらしい。

「帰ってくると保育園からの洗濯物は洗濯機にいれ、」
へー、えらいねぇ
「部屋のお片づけもしてくれるし、」
まあすご~い!)
「弟の面倒も、夕飯の手伝いもしてくれるのよ。」
ほんと、おりこうさんねぇ

私も大声でほめる。手ぶらフォンみたいなので話しているから。

仕事に復帰して1週間
保育園(これが二人の通う場所、最寄り駅も違うところなので)
結構大変らしい。大変だと思う。

「そういえば、お父さんに『この前、娘がほめてたよ』って言ったら、すごく喜んでた。」

「そうかぁ、そんなこといってたか。」って夫はしみじみしてた。

実は娘のところで作った料理をどれに盛るかの話なのだけど、
物を増やさない主義の食器も少ないなかでの話である。

そこから、喜びのあまり、長々と食器との組み合わせについてのお話が続きそうだったので、中断していただいた。

そんな話もしつつ、
「やっぱりほめるっていいのよね。」と、私。
「そうよ。ほめられたことはいつまでもおぼえているもの。」
「そうなのよね。」
「どんどんほめていこうね。」
「褒めて育てる、だね。」

短所は長所であるからして
いくらでも褒められる。

そして、娘が言った。
「昔私が初めて包丁使ったとき、上手だね。筋がいいね、って。
お母さんがスパッと私のこと褒めてくれたの、今でも覚えてるもの。お母さん覚えてないでしょ」

「へぇーそうなの、うん、おぼえてないや。」

「でしょ。」

自分がそんなことをいったことが不思議なくらいだった。
ただし・・とかなんとか付け加えそうだけど。

決しておだてたわけではないから、
(私は子供に対しても嘘はつかない。)

本当にそう思ったのだろう。
そのおかげで
今の娘がある。(のか?)

いやぁー
よかったねえ。褒めておいて。

夫は昨日も言っていた。
キッチンに立って
「むふふ、そうかぁ、そんなこと言われると、なんだかうれしいな」

ほめられることはちょっとうれしく
(夫にとってはそのうれしさは結構長持ちする。)
ほめることはすばらしい!

|

« 『謎解きはディナーのあとで 』東川 篤哉 | トップページ | アイコばあちゃんの卵焼き »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

家族のテーブル」カテゴリの記事

コメント

ほんと!そう思います。
褒められればうれしい。もっとがんばれる。

褒めて育てよう・・。

投稿: 小夏 | 2011年10月 8日 (土) 17時33分

こんにちは
小夏さん
そうですよね。
ほめるということは「相手を素直に認める」ということでもありますね。

投稿: いち | 2011年10月 9日 (日) 10時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『謎解きはディナーのあとで 』東川 篤哉 | トップページ | アイコばあちゃんの卵焼き »