« 桃山風呂…② | トップページ | 手作りのティンカーベル、でハロウィン »

2011年10月27日 (木)

温泉饅頭買ってかえります。③ 

201110_108

泊まった宿には
眞田の殿様の家来が泊まったといいます。

じゃ殿様はどこに?

その坂道を登った角にある立派な木造の建物、ご本陣に泊まったらしいです。

そこが白銀屋商店になっています。

10時チェックアウトしてから
そこへ買いに行きました。

古い和菓子店で

茶色い皮の一茶饅頭というのもありました。

私は白い大きめの温泉まんじゅう。

そのお饅頭の写真を撮ろうと思っていたのに

今、まさにいま、

最後の一つを食べてしまいました。残念!

時間も早いので北志賀方面をまわって帰ります。
201110_082 201110_088 201110_091 201110_093

  • 201110_096201110_094201110_097 お昼はどこで?
    決めていなかったので、ぐるぐる回りまして、

ハンバーグ屋さんで。

千曲川ぞいのススキの土手、千曲川を渡る橋、豊かな千曲川。

201110_101_2 りんご畑には真っ赤なりんごが鈴なり。

車の中でみんなで話す。
「息子たちはどれだけ仕事が忙しかったか。寝なかった自慢をしていたね。」
(実際徹夜気味の毎日だったのだ。)
睡眠を取り戻したかな。良く寝ていました。

最後によったスーパーでは、母は疲れて入り口でベンチに座って待っていました。
終わって出てくると母は言いました。

「今日は二人の人とお友達になっちゃった。

一人は91歳で。とても元気そうだった。
最近は88歳も自慢にはならないのよ。年金があるから若い人に頼らなくても好きなものは買える。って。」(プラス思考に気があったようだ。

「すごいね、買い物もして。その人太ってた?」
「ううん、やせてた。」

「やっぱりね。頑張ろうね、おたがいに。」

「もう一人はもう少し若くて、若い人の悪口いっていた。」

「そうか、お嫁さんかね」

母もなんだか元気そうだった。

今回も夜8時過ぎに長野を出発予定。

無事12時に帰着。

母は「今回は1ヶ月分くらい歩いた。もう今月は寝てるだけでもいい。」などといい
「じゃあ俺たちは、もう寝ないで仕事かぁ、」と息子たちは言って、大笑い。

翌日母に電話したら
疲れて起き上がれないようだったが
数日後電話したらげんきそうだった。

|

« 桃山風呂…② | トップページ | 手作りのティンカーベル、でハロウィン »

旅行・地域」カテゴリの記事

家族のテーブル」カテゴリの記事

お土産・頂き物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 桃山風呂…② | トップページ | 手作りのティンカーベル、でハロウィン »