« 音の出る絵本 | トップページ | 六花亭「ひとつ鍋」 »

2011年9月 8日 (木)

黒豆ごはん

前にも書いた黒豆ご飯再登場

息子が例によって
週末でかけようとしている。

私はお米を洗っている。

「なにしてるの?」

「週末は黒豆ご飯を炊くんだ。」

「ふーん、しいたけご飯みたいな立場になってるね。」

「そうよ、鬼のいぬまに、っていうとこ」

息子1は黒豆の入ったご飯が嫌いらしい。

われわれは大好きなのに。

で、いないときなら存分に食べられる。

息子2はしいたけが嫌い。

今は家にいないから
気にせず食べられるけど。

昔はいないときを狙って炊いていた。
われわれは大好きなのだ。

20119_001好きだから
多めに炊いて冷凍しようと思っても
残らない。

今日は
そんなこんなで黒豆ごはん

ついでに言うと黒豆ご飯は
息子2が送ってくれたものだから彼は好きなのだ。

おもしろいね。

人それぞれ、である。

|

« 音の出る絵本 | トップページ | 六花亭「ひとつ鍋」 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

家族のテーブル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 音の出る絵本 | トップページ | 六花亭「ひとつ鍋」 »