« 荒砥城…③ | トップページ | ナウマン象で帰ります »

2011年8月17日 (水)

野尻湖へ

翌日は野尻湖方面へ。
帰りに桃を買いに信州中野に行かねばならないからだ。
前日夜、息子2が言う。「お父さんまだ桃が買い足りないようだから、中野に行かないといけないね。あっち方面に明日は行こう。」
で、朝6時、一人早起きした私が地図を出して、行き先を考える。

「いくとこ決まった?」と息子。
「うん、野尻湖!」自慢げな私。

「昨日僕が言ったところじゃない。」
「あれ!夢のお告げかと思った。」

野尻湖黒姫高原あたりを走っていると
夏休み真っ最中という雰囲気が漂っている。

野菜直売所も大賑わい
ブルーベリーが苺パックいっぱいで500円だった。
そのほかいろいろ夏野菜を買い込んだ。20118_108
野尻湖入り口では何気に象の親子が迎えてくれた。
20118_110 野尻湖ではまず遊覧船に乗る。
真冬にスキーに行くときに通ったことがあるが私は観光では初めてだ。
琵琶島まで湖内を周遊して20分ほど。

20118_118 結構な観光地で人が多い。
一度はいいかなという感じで来て見たのだ。
息子は何度も来ているらしいが。

20118_12320118_127琵琶島は小さなまんまるのようで細長い鯨のようで。

20118_129 20118_130 20118_131 島に上がって
宇賀神社へ参り、また船に乗って帰ってくるのだ。

船の客が降りるだけなので、一団が過ぎれば静かな神社。20118_132 20118_133 20118_137 湖上を渡る風はさわやかで気持ちがいい。

車に船とかがプラスされるといかにも「観光地遊び」感が出て
たまにはいいものだ。

湖岸は緑が美しい。
別荘がたくさん見える。
素敵な洋館も見える。

湖上には
ボート・カヌーなどもたくさん浮かんでいる。

偶然見つけた木「ノジリボダイジュ」と書いてある。
何かな。ネットで調べたらこの島に1本しかない木だという。
生物学的にはよくわからない。
まあナウマン象とそれと戦った野尻湖人が活躍したところだからなぁ。

なつだなぁ。

久しぶりに兄弟に会いに来た(?)娘との会話
「ナウマン像いた?」
「いたよ。」
「野尻湖人、いた?」
「うーん、いたかなあ。」

そういえば
「野尻湖人」は学校で習ったなあ。

|

« 荒砥城…③ | トップページ | ナウマン象で帰ります »

旅行・地域」カテゴリの記事

家族のテーブル」カテゴリの記事

自然 山 植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 荒砥城…③ | トップページ | ナウマン象で帰ります »