« 馬鹿な話…犯人は | トップページ | なでしこはつよし »

2011年7月 9日 (土)

夢で

朝から暑い。

今日はおとなしくしていよう、
そう思ってテレビの前でぐたーとしていた朝9時前、
電話が鳴った。

実家からだ。

「もっしもし。」
母の少し戸惑ったような安堵したような声。
珍しい。

「どうかしたの?」

「いえね、今朝5時ごろあなたが『わたしねぇ』というのを聞いたものだから。
心配になって。」という。

夢で聞いたらしい。

早くてもいけないので
9時まで待って大丈夫か電話したという。

ちょっと疲れてるけど
大丈夫よ。

20117_015 どうもお騒がせしました。
夢でまで心配させないようにきをつけるからね。

うん、気をつけてね。
はい、お母さんも、ね。

88の母に心配をかけるなんて

いけないなあ。と反省。

|

« 馬鹿な話…犯人は | トップページ | なでしこはつよし »

家族のテーブル」カテゴリの記事

コメント

いいお話。
いいなぁ~。
母って、やっぱりいいなぁ~。
いくつになっても、子を想う・・・。
こっちがどんなに想ってもかなわないから、自分は自分の子を一生懸命想う・・・っていう連鎖で人の想いは守られていくのかな・・・。

投稿: ことり | 2011年7月10日 (日) 15時30分

ことりさん
こんにちは
いつもブログ拝見しています。
自分が子を思うとき
母の思いを知る、ってことですね。
これからもその連鎖は続いていくのでしょうね。
ありがたいことです。

投稿: いち | 2011年7月12日 (火) 09時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 馬鹿な話…犯人は | トップページ | なでしこはつよし »