« 折り紙の本と作品 | トップページ | 『小さいおうち』中島京子 »

2011年7月14日 (木)

フンドーキン

九州から帰って来た息子のお土産

「フンドーキンのを売っていたので買ってきた。」
「なに?そのフンドーキンって。」

「前に大分に行ったとき佐賀関から臼杵あたりを通ったら工場があったでしょ。」

20117_062 20117_064 よくわからないけど、
九州地方の醤油、調味料の会社らしい。150年の歴史がある。

名前がユニーク。
と思ったら「分銅に初代社長の名前の『金』」で「フンドーキン」らしい。

一度聞いたら忘れない?かな。

寺岡 牡蠣だし醤油 300ml フンドーキン 吉野杉樽天然醸造醤油 500ml ごまドレッシングもおいしかった。

20117_061 こちらは福岡県大川市の「純糖」という一口黒棒

昔よく食べたお菓子の一口もの

食べやすいせいか、(そんな誰のせいでもないが)半分以上、もう、無い。
写真撮っておいてよかった。

|

« 折り紙の本と作品 | トップページ | 『小さいおうち』中島京子 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

お土産・頂き物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 折り紙の本と作品 | トップページ | 『小さいおうち』中島京子 »