« 『終りなき夜に生れつく』 アガサクリスティ | トップページ | 花だより »

2011年6月 5日 (日)

壁は新しく最中はおいしく

クロス張りは金曜に無事終わった。
指定どおりに積み上げたものだから(だれが、と言えば、夫であるが。)
作業する人には感謝された。
おかげさまで壁はものすごくきれいに、なった
ほっと一息というかこれから所定の位置にしまうのがまた一苦労

で、そのまんまで私は週末を過ごしている。

がんばるのは来週!だ。

20115_303 20115_291 Img_02 娘が持ってきてくれた「ぴーなっつ最中」

しろあんとあわせたピーナッツあん

箱もピーナッツになっていて
千葉のお土産という風情がする。
おいしかった。

成田山に行ったときは必ず寄る「米屋」のものだった。

以前
友のお見舞いにネット仲間3人で行ったとき成田に泊まり、成田山に行った。

途中に寄ったお店の人に「関西の方ですか?」といわれた、大阪に住む友は
「何でわかるんやろ?」と不思議そうに話した。

そりゃそうよ
正真正銘の関西弁しゃべってるもの。

そんなことを覚えてる、というより
忘れない。

|

« 『終りなき夜に生れつく』 アガサクリスティ | トップページ | 花だより »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

お土産・頂き物」カテゴリの記事

コメント

ピーナツの名産地、千葉ならではの
箱がピーナツのお土産
開けたらピーナツ型の最中が・・楽しいですね。

投稿: 小夏 | 2011年6月 5日 (日) 17時50分

こんにちは
小夏さん お元気ですか。
ちょっと心配しています。

お土産とは見てすぐどこのものかわかるものが
いいですね。

投稿: いち | 2011年6月 7日 (火) 18時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『終りなき夜に生れつく』 アガサクリスティ | トップページ | 花だより »