« 米寿のお祝いと計画停電 | トップページ | 停電はしなくても・・・思うこと »

2011年3月17日 (木)

東北関東大震災

一昨日の夜は驚きましたね。

東海で震度6プラス
いよいよこちらにも来たかという感じでした。
自分のあまい姿勢を改めようと思いました。

昨日は母のところに行ってきました。
大きい地震が来たら
庭のあの柿の木につかまっていてね、すぐ迎えに来るから・・・

車のガソリンも少なくなって、次はいけるかどうか。
「いいよ、行くだけなら歩いても行けるよ」
「そうだね。」

買い物に行ったら、
入り口から電気は半分で薄暗く、でも見えないほどでもありません。
スーパーの中は品はほとんど何もありません。
生鮮品は結構ありますが
カップめん、缶詰などの棚はなーんにもありません。

幹線道路にあるガソリンスタンドは
すべて出入り口に紐がかけられ
完売の表示

何故か空いている道路
ガソリンが無いのか、節約なのか。
何も買いだめしなかったわれわれが出遅れたというのでしょうか。

私の大事な食器棚も
先日の大地震での被害はまあ少々(?)といったところ
何がなくなったのかも今はわからないほど
ガラス食器や娘に小学校のころにもらった食器などダンボール1箱ほどが割れてなくなりました。

おかげで
食器棚は今では美しく食器が納まっています。

今日は今まで一回も無かったけれど
とうとう停電があるかもしれないということです。
母にも電話したら「今までなかったのだから、」と納得しています。
「でもこれが夜10時までなのよねえ。」
むしろ私のほうが怖がっているみたい。
暗いときはいやだなあ。

真冬の寒さの東北地方
暖房も無い。
お日様はどこへ行った!
そして気がかりな原発
それを思えば、・・・

どうなるのでしょう。
みんなで、こういうときこそ、と思います。
そしてそれが、できると思って、今できることをがんばりましょう。

|

« 米寿のお祝いと計画停電 | トップページ | 停電はしなくても・・・思うこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 米寿のお祝いと計画停電 | トップページ | 停電はしなくても・・・思うこと »