« 『号泣する準備はできていた』 江國香織 | トップページ | 新聞で作った手提げバッグ »

2011年1月17日 (月)

福岡からの

お土産

息子の、である。

先日母のところに半分持っていった。

13日命日だった父に小倉の湖月堂の和菓子をお供えした。

思い起こせば去年その夜に私は最初のひきつけを起こしたのだ。
父に調子にのるな!と注意警報を受けたと思っている。

201101_003tt 201101_009 国産の蜂蜜、刺身醤油、からし明太子、カワハギ、そして和菓子

201101_005 「あら蜂蜜!よかったわ、ちょうど買おうと思ってた。」
「いい勘してた?」
「うん、ありがとう」

来週は
山口・萩方面に行くらしい。
萩は私ももう一度は行ってみたい、いいところだ。
旅の話に食事時も話が弾む。

「スケジュールの相談に乗ってあげようか?」
「お構いなく。山口出身の仲間がいるから・・・」
「はいはい、そうですか。」

じゃあ
お土産になにがいいか、考えよう、かな。

|

« 『号泣する準備はできていた』 江國香織 | トップページ | 新聞で作った手提げバッグ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

家族のテーブル」カテゴリの記事

楽しく暮らす・衣食住」カテゴリの記事

お土産・頂き物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『号泣する準備はできていた』 江國香織 | トップページ | 新聞で作った手提げバッグ »