« 「冬の裁き」 スチュアート・カミンスキー | トップページ | クリスマスの飾り »

2010年12月 4日 (土)

長々しいけど、デジタルテレビを買った話

地デジの宣伝も今は余り気にならない。

なぜならテレビを買ったからだ。(やっと!)
そのときのことを忘れるといけないので、書いておく。二ヶ月近く前のことなので、もはや半分ほどは忘却の彼方。

いつからだったろうか、上下の画面に「地デジのお勧め」の文字がしょっちゅう入るようになって、目障りで。つい読んでしまうのだ。
上下に紙を張っている人もいるらしいとは聞いたが
それもまた、ねえ。

我が家はケーブルで、すべて見られるので、買い換えなくても不便でもないし、壊れてもいないのに、買い換えろ、といわれるのも、と後回しにしていたが、10月になって、二人で出かけたときに思い立って見に行った。

12月からはエコポイントも減るということで、
店には大きなポップに「エコポイント半減!」と書かれ、あちこちにぶら下がっていた。まるで買い手を誘うように。

お店にはたくさんの販売員が立ち並んでいる。今が売り時、と手薬煉引いているようだ。

しばらく見比べて、誰かに聞こうかと思ったら、夫がそのなかの一人に声をかけて聞いている。
なんといったかは忘れた。
その人はどうやらある機種をお勧めしたいらしい。録画つきのもの。
盛んに薦める。
録画機は別に買うのでいりません、といい
そうでないもののお勧めを聞いたり、みたり。

ならんでいるものの中でも、特に安いものでもないテレビ、どこがいいのかもはっきりしない、しかもそれはどういうわけか大人気(?)で、入荷するまでしばらくかかるという。
「少し値は下がりますか」と聞けば、もう原価を割っているほど安いので、これ以上は割引もできないという。(そういうものかなあ。強気なのだ!)

そこからがなんというか。
なら無理にそれでなくてもと思うが、ほかのはよく言わずけなすことになる。

入荷が遅くて、買うのが遅いとエコポイントもどうなるの? 半分になるのはいやね。
違うのにしようか。もっと安くてもいいよね。息子はもっとやすいのがあるって言ってた。とか言うと、
「あっ」と急に思いついたような顔をして
「ちょーっとお待ちくださいね。もしかしたらもっと早いかも・・・聞いてきます。」
遠くへ走って行く、
はぁはぁ言って急いで帰ってきて言う。
「そんなに時間がかからないかもしれません。後10分ほどで結果がわかります。」(きっと有ったって言うだろうな、と思ってた。そうだったら笑っちゃうね)
「そうですか」(なるほどね)
その間にいろいろ質問するが、どうも説明も気に入らない。「また今度にしようか」その気配を察したのか、どうなのか
「じゃあそろそろ見て来ますのでお待ちください」
私は夫に言う「きっとありましたって言うね。どうする?」

すぐ帰ってきて、「今倉庫に1台ありました。今なら間に合います」
「え?何週間待ちじゃなかったの?」
「まあいいか。」

で、買おうかとなったのだが
原価を切っているので(そんなことあるかね。)
値引きもできない、お店のカードのポイントもつけられない、あんなものは役に立たないとまでいう。
えっ買った金額の分もつかないの。(よくポイント10倍とかあるけどね、そうは言わなくても1倍もつかないの)

申込書に書き込みながらもいろいろ質問していくが
彼の答え方はすべて「いえ、・・・」から始まり、上から目線のようでかみ合わない。

ついに夫が急に憤然と「もう、いいです。今日は時間が無いので、また来ますから」と立ち上がる。
一応私は「すみませんねえ。またきます。」といいつつ、今回は怒ってくれた夫に感謝だ。夫は私が優しく丁寧に聞いていることへの答え方に怒ったらしい。

もともとは私のほうがどうも気に入らなかったのでいいのだが。
そのあと母のところに行き、一部始終を話し(母はいつでもこういうときの聞き役だ。)
気が済んだところで、ついでだからほかの電気屋にも行って見ることにした。

駅の近くの電気店もテレビの前は大賑わい。
前の店で勉強していたので、画面や音の出方を調べ、前より数万円ほど安いものを買うことにした。
これはどうですか?
これもいい音してますし、絵もきれいですね。(ちゃんとカタログで出力など調べて思い込みで話さない。けなさない、高いものを薦めない、説明も丁寧、さっきの経験で比較するものがあるから・・・ね)
買う契約をしているとき、もっと安くなるかもしれませんと言う。(え、そうなの?)

ケーブル会社の人と頭をつき合わせて、考えてくれた。
ケーブルにはいっている人はケーブルとかの毎月の値段が下がり、ネットの速度も上がり、しかもテレビは10000円引きになり。ケーブルの画像も上質になるらしい。
結局、エコポイントも入れると、前に買おうとしていたものの半額近くで買ったのだった。
結果的に二人でニコニコ大満足して帰ってきたのだった。

息子2が言った、「よかったね。(最初に行った)○○電気の店員様、様だね。」
まさにそのとおり!売る人も大変でしょうけど、ね。
その値段で買ってたら「わらってやったよ」とも言われた。
売る人の腕の磨き方もいろいろだなあ。

娘に電話であらいざらい話し出そうとしたら
最初に今度暇なときに聞くからね。と言われ、息子1にも最初にそっちの電気屋に行くのが正しいといわれた。はいはい

でブログに書いて、お・し・ま・い。
長々と、どうもでした。

|

« 「冬の裁き」 スチュアート・カミンスキー | トップページ | クリスマスの飾り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「冬の裁き」 スチュアート・カミンスキー | トップページ | クリスマスの飾り »