« 画伯 | トップページ | 誕生! »

2010年9月 7日 (火)

『破壊天使』 ロバート・クレイス 上下

先日の読書以来早速借りてきて読んだ。
なるほどこちらのほうが面白い。

前のは普通のミステリ。
これはディーバー風の。
それにしては少し荒さもあるが全体的に面白く
私も筆者のわなにはまった。
スターキーはなんとすごい。
口の悪い酒にタバコの女性だ。

最終的には心の平安を得られるのか。

51c80w9k27l 5161ds19kml 内容(「BOOK」データベースより)

白昼のLA。爆発物処理員が作業中に爆死した。爆発物は精巧で強力な殺人兵器と判明。犯人は爆弾魔ミスター・レッドか。処理員時代、爆発事故で恋人を失い、自らも瀕死の重傷を負った過去を持つ女性刑事スターキーが、トラウマに苦しみつつ捜査に乗り出す。息をもつかせぬ全米ベストセラー・サスペンス。 28.29冊目

|

« 画伯 | トップページ | 誕生! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 画伯 | トップページ | 誕生! »