« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月の16件の記事

2010年9月30日 (木)

「てっぱん」と尾道

新しい朝のNHKドラマがはじまった。
まずは尾道から始まるらしい。

Photo あ。あそこ行った。
ここも見た。

そんなことを思う。
「行っててよかったね。ちょっとは身近に思えるものね。」

尾道水道の見えるホテル
二度行ったのだが
両方とも心に残る楽しい旅だった。

一度目は息子2と夫と三人で。(このアルバムは去年の入院で放っておいたのでなくなりました。)
ここから橋をわたって島をめぐりました。
二度目
まごっちがかわいい、あらら、すみません。

思い出の確保にもブログは役に立ちます。

今度のテレビは少し元気すぎる気もしないではないけれど、
これからおもしろくなるといいですね。
舞台は尾道から大阪に移るらしいけれど、どうでしょうか。

先日おばあさん役の富司純子さんの話を聞いたが、素敵な人だった。
目の前にある、やるべきことにその都度熱心に楽しく取り組んできたので、悔いは無いというその姿勢。

| | コメント (2)

2010年9月28日 (火)

秋の雨

秋の雨

9月の終わりの雨
ものすごい強さで
まるでこどもが大泣きするようにがーと激しく降り
そしてやがてしずかに
おさまって
そしてまた
それを繰り返す
あー
雷まで。
忙しくも
賑やかな雨だ

もしかして
台風ってことはないですよね。天気予報みなくっちゃ。

| | コメント (0)

2010年9月26日 (日)

映画「ラヴェンダーの咲く庭で」

夜眠れずに(早寝して夜11時に起きてしまったので)
目が覚めて見た映画

まず、庭のきれいさに心が休まり、眠くなるかもと思ってみた。
結局最後まで見た。

ラヴェンダーの咲く庭で 特別版 (初回限定生産スペシャルアロマパッケージ) [DVD]
ラヴェンダーの咲く庭で(あらすじと解説)
1936年、初老のジャネットとアーシュラ姉妹は、イギリス西部コーンウォール地方で静かに暮らしていた。ある夏の朝、姉妹は海岸に打ち上げられた若い男を見つけ、家へ連れ帰る。彼は、渡米途中に難破した、ポーランド人のアンドレア。姉妹の看病により次第に回復したアンドレアは、得意のヴァイオリンを通じて、村の生活や人々に溶け込んでいった。なかでもアーシュラの心には、遥か昔に忘れていた恋の感情が生まれていく…。

年老いた女性が、若い異邦人に抱く恋心を描いた本作は、小説家ウィリアム・J・ロックによる短編小説を基にした作品。誰かを想う気持ちは、歳を重ねても消えてなくなることはない。馬鹿げているとわかっていても、嫉妬もするし涙も出る。そんな純粋な気持ちが、青く広がる海と、小鳥がさえずる庭に切なく溶けていく、美しい物語だ。老姉妹を演じるのは、長年、英米の映画、舞台、ドラマで活躍してきた大女優、ジュディ・デンチとマギー・スミス。

人生の夕暮れ時にぽっと赤く染めあがる日差し。
あたたかく心弾むひととき。
そんな思いを思わせる御伽噺。

共感したかといえばそうでもなく、
こういうこともあるだろうな、という感じではある。
でも見おわって悪い気持ちになったわけではない。

ふしぎな映画だ。

どんどんスポットライトを受けて舞台の真ん中に出向いていく若者をみつつ、
二人は長い廊下をぱっぱっと映像的には去っていく。
そしてラベンダーの咲く自分たちの庭へ戻っていくのだ。

ずいぶん前に仲間と一緒に見た「八月の鯨」を思い出した。
人生後半の姉妹、海辺での暮らし、きれいな風景・・・

1987年、リリアン・ギッシュ、ベティ・デイビス主演
いろいろな思いを重ねつつ、最後には鯨を見るために海の見える大きな窓をつけようとする。
また来年も鯨を見るために。
姉妹そろって見たいと思う心で。

いい映画だった。

| | コメント (0)

2010年9月24日 (金)

鮎の天ぷら最中

鮎の天ぷら最中
いただきもの。神楽坂の梅花亭の変わった最中。
皮を油で揚げたもの。
不思議な味だ。手作りで保存料などを用いず日持ちはしないという。
初めての味。

| | コメント (0)

2010年9月23日 (木)

昨日の月

201009_104 きのうの昼間は真夏のようで。
その夜は十五夜。
中秋の名月だった。
スーパーのお団子売り場で気がついた。

そして明日は満月。
おいしいお団子の季節

もう少し大きい写真がほしくて
ベランダに出て見上げたら
もう月はどこかに出かけていなかった。
雲の向こうに消えていたのだ。
雨がやってくるらしい。

そして今日は肌寒く、
雨。

暑い日差しの裏でひそかに、やっぱり季節は変化の支度をしていたのか。

風邪など引きませぬように・・・

| | コメント (2)

2010年9月22日 (水)

『アマンダ』 アンドリュー クラヴァン

読む本がなくなって
押入れから以前にネットの友達から送ってもらった本を引っ張り出した。

読んだのか読んでないのかも定かでなく、
でも友達が面白いというのを送ってくれたというものなので
図書館から闇雲に借りてくるよりいいかもと・・・

で読み始めた「アマンダ」
結果的に、多分だけど、初めての本。
2000年9月発売の本。

すこし人が死に過ぎるけれど
この本の底に流れている音楽も素敵で(知らないものも多かったが。)
ジュラシック(古いジャズ系の音楽という意味?)

流れも速く、おもしろかった。

結局1日半で読み終えた。
だから肩がこってるのか。

アマンダ (角川文庫)

内容(「BOOK」データベースより) 31冊目

マサチューセッツ州で起きた飛行機墜落事故。大惨事となった街中、半狂乱で娘アマンダを捜していたキャロルは、口から血を流し、黒こげの男に抱えられた娘を見つけた。その姿を見て、母は娘がしたことをすぐ察した。またやったのだ。逃げなければ。奴等はすぐに追って来る…。四ヶ月後。サックス奏者ルーニーは美しい娼婦を助ける。実は彼女は、娘の誘拐を企む殺し屋に追われるキャロルだった―。この母娘が追われねばならない秘密とは、一体、何なのか?数珠繋ぎに紡がれる巧みに張られた伏線、奔流する物語の圧倒的スピード感。サスペンスフルな逃亡劇。

| | コメント (0)

2010年9月20日 (月)

『フリーター、家を買う』有川 浩

フリーター、家を買う。 有川浩 30冊目

内容(「BOOK」データベースより)
「母さん死ぬな―」へなちょこ25歳がいざ一念発起!?崩壊しかかった家族の再生と「カッコ悪すぎな俺」の成長を描く、勇気と希望の結晶。

いつもの有川作品と同じ
絶対ハッピーエンドになる安心の本。

就職の際のいろいろなこと、私にはもう必要はないが
いろいろわかった。履歴書に修正はしないとか、なるほどね。

へなちょこはへなちょこで終わらず
今までの反省を生かして働いていく。

ただし
その流れは予想どおりでもあり
家を買うところは普通!
それがいいのかどうなのか。

どうせなら
ばーんと会社を大きくして家を買うとか、
夢は夢で大きく。
ってなことはもっと夢物語かな。

| | コメント (4)

2010年9月18日 (土)

生後9日目

昨日おとといと娘のところへ行ってきました。

201009_095 仕事は主に保育園のお迎えと
マゴッチ1号のお相手。

なのに
今朝起きたら肩が痛い。
昼間には2号も抱きましたからね。
あらまあ
あんなに小さいのに。
私の体力も落ちたものです。
201009_080 どんどん
人っぽくなってきたマゴッチ。
まだ昨日で9日目なのですね。
下の子らしく
小さな音にはビクともせず
グースカピーとひたすら寝ています。
「おらぁ 寝てるんだぞー」という感じで。

そして今日は秋晴れのいい天気です。

マゴッチ1号はなりきり遊びの天才で、
「おきゃくさまぁ お子様のお席はいかがしましょうか。お子様用の椅子にしますか?」
で、私は答える、「そうですねえ、もう大きいので普通の椅子でいいですよ。」
「はい、わかりましたぁ」(ちょっとうれしそうに、こたえる。)

よく周りの様子をみているものだ。
聞いた話だと、マッサージも病院で見ていたらしく
家に帰ってきて、疲れた母にマッサージをしてくれたらしい。

「いかがですかぁ。」モミモミ
「はい気持ちいいです。」
疲れているママがつい、うとうとしてしまうと
「まま!寝ちゃだめ!」って怒られ、母と子に戻る。
ママ曰く、こんなことならフットマッサージのときも見せておけばよかった。

図書館遊びも得意。
「何冊借りますか?」
「忙しいのでもういいです。」
「そうですか。あと5冊借りられますけどぉ。」
「そうですか、じゃあこれも・・」
ひっくり返しておもちゃの何かで「ぴっ!」
バーコードを入れているらしい。

かわいいマゴッチたちの話でこの三連休は終わりそうです。
夫はまず整形外科へ出かけていきました。

| | コメント (4)

2010年9月15日 (水)

9月のある日

昨日は母と妹と
食事と温泉に行った。

息子1が休みなのでどこかに連れて行ってくれるというので
約束したのだが
その息子が抜いた歯の予後がよくなくて
温泉にも入れそうにないし、
痛くて痛み止めを飲んでいるということで、
運転手を代えて3人で出かけることにした。

201009_069 一応妹の誕生日を祝うということで
いつもは行かないちょっと上級の(?)和食やさんへ。
蟹御膳。
久しぶりである。

それから近くの温泉へ行ったら
これがまたお休みで。
また別の温泉に行き、帰りにクリームぜんざいを食べて帰ってきた。

201009_070_2  見上げる空はすっかり秋空で、
真っ白な雲がもくもく。

おいしそうであった。
楽しく姦しい一日でした。

母もさぞ疲れただろう。

電話をしてみましょう。

| | コメント (2)

2010年9月13日 (月)

家族そろえば・・・

100912_192338 夕方心配になって
娘の所に
「調子はどうかね。」とメールしてみた。

「だいぶ調子は持ち直してきた」とのこと。

100912_194939パパママそろって、甘えられて、自分の場所があって
やすらいできたのでしょうね。

一安心です。

| | コメント (4)

2010年9月12日 (日)

退院!

201009_029 8日に生まれて
今日12日無事退院しました。

一人目との違いを痛切に体験した
周囲の大人でした。

そういうことで
退院後そのまま自分たちの家に帰りました。

一番に娘はその娘の心を思ったからです。
母の力は不要といわれて私は少し落ち込みましたが
そういうことでもなく
今週末にはまた向こうに出かけます。
娘も私の体調を考えてくれたのでしょう。
私は娘の体をたいそう心配しましたが、いまはこうすることがみんなにとってよかったかと。
明日からはマゴッチも大好きな保育園に行きます。

201009_040 デリケートなこの時期のマゴッチは心の糸が
触れたらすぐ切れるようで、
しくしくと泣き、笑い、揺れ動き
これからしばらく大変です。

どうしていいかわからないマゴッチの心を
しばらくは、ふんわりとやわらかくつつんであげましょう。

大変なのは
パパもママもで。

ママは特に自分の体のこともあり
まあ、順調なのですが、それでも、ね。
きっと大変だろうと思います。

二人目ともなると母はしっかり強くなって
いろいろ考え、
「母は強し」を体であらわしています。
その調子でがんばれ!

赤ちゃんは寝ているばかりで、
やっと食欲も出てきた感じ、楽勝だけど・・・
早くマゴッチ1号の心が落ち着くといいですね。

さあ私は一休み!

| | コメント (2)

2010年9月 9日 (木)

誕生!

最近は
医療も進んで

予定通り9月8日に
孫が生まれた。

男の子である。

ずいぶんと小さい
4歳児と比べると。(当たり前である。)

前日には
自分がお姉ちゃんになることに、すこしデリケートになっているまごっち1号と、買い物をし、食事にお茶もし、存分に入院前のデートをしてきた、母と娘。
心置きなく、翌日はパパとママは朝に病院へ。

ひたすら歩いて、
6000歩近くも歩き、そんなにがんばらなくても、と言われたらしい。
午後には生まれて、
早速飛んでいった。

みんながああだこうだというものだから
照れておとなしかったマゴッチが
家に帰ってきて、まず一番に
私に向かって
「ねえ、ばあ!かわいかったね、赤ちゃん!」と言った。
これからもっとかわいくなるよ、心でそう思った。

30数年前を思う。
急に弟と妹ができて
あのときの長男の心はさぞびっくりしたんだろうなあ。

| | コメント (8)

2010年9月 7日 (火)

『破壊天使』 ロバート・クレイス 上下

先日の読書以来早速借りてきて読んだ。
なるほどこちらのほうが面白い。

前のは普通のミステリ。
これはディーバー風の。
それにしては少し荒さもあるが全体的に面白く
私も筆者のわなにはまった。
スターキーはなんとすごい。
口の悪い酒にタバコの女性だ。

最終的には心の平安を得られるのか。

51c80w9k27l 5161ds19kml 内容(「BOOK」データベースより)

白昼のLA。爆発物処理員が作業中に爆死した。爆発物は精巧で強力な殺人兵器と判明。犯人は爆弾魔ミスター・レッドか。処理員時代、爆発事故で恋人を失い、自らも瀕死の重傷を負った過去を持つ女性刑事スターキーが、トラウマに苦しみつつ捜査に乗り出す。息をもつかせぬ全米ベストセラー・サスペンス。 28.29冊目

| | コメント (0)

2010年9月 6日 (月)

画伯

201009_013 「お顔見せてくださーい」
「わらってぇ」
「お洋服も見せてくださーい」

「はあぃ」

画伯は
描き進む。花模様の服も。

できた!
ばあの姿。

| | コメント (2)

2010年9月 4日 (土)

おしゃれな4歳

おとといから
娘と孫がやってきた。
4歳1ヶ月のまごっちは
おしゃれに大変興味がある

というか敏感である

201009_006 着る洋服も
上下あわせて靴下まで
並べて調和を考えて着る。

こういうセンスや興味は
生まれつき持っているものなのだろうか。

その母である娘は
幼稚園に入っても
そういう興味を示すことは小さい頃はあまり強くはなかった。
本人もそういっていた。
髪留めもあわせて選ぶのだ。

201009_008 玄関のかわいい靴も、
時代の違いかな。
運動靴ばかりだったものね。

先はどうなることやら・・・

| | コメント (4)

2010年9月 1日 (水)

くすりのかず

昨日は午後から私の病院へ行く日だった。
腰を痛めている夫はその前に自分の病院に行った。

お互い大変な時代になったなあ、と笑う。 

「朝薬飲んだ?」

「うん。

かぜぐすりまで、のんだ。
あわせて9個!」

結構自慢げにいったわたし。

夫が

「俺、5個!」同じく自慢げにいって、

二人で大笑い!

してる場合じゃないか。

| | コメント (2)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »