« 『図書館戦争』有川 浩 | トップページ | ワールドカップ »

2010年6月14日 (月)

したのどうぶつえん

週末はにぎやかで忙しい時間でした。
そして楽しい時間でもありました。

子供は音で言葉を覚える。
音で聞くだけで
その漢字などは思いつくわけではない。
文字の意味などわからないから理解するのも大変だろう。

子供なりの
一生懸命さで音を聞いて覚えようとする。

テレビで「松本城」の話をしていた。
われわれも行ったとか行かないとか話す。
マゴッチがじっと聞いていて、「まつもとじょう」って「まつもとじゅん」と似ている。
「嵐」好きのまごっちにはそこにフラグがたったよう。
そうだね、お兄ちゃんかもね。

20106_021 それで思い出して娘が話してくれたこと。
先日東武動物園にいくとき、
「今度はうえのどうぶつえんにいこうね。」というと
「今日行くのは、したのどうぶつえんなの?」

語彙が増えてくるのにあわせて
頭の中で
くるくると関係ある言葉を捜して、かちっと当てはめるのかな。
同音異義語と対義語だ。

「これはうまいっ!」
すかさずまねするマゴッチ「うまいっ!」
言い直す爺「おいしいね。」

美しい日本語を話せるように
周りの大人も気をつけないとね。

娘のピアニカを見つけて
「ど・れ・み・・・」と吹く。
手本を見せて、というので
楽譜を見ようとして、「字が小さいので見えない!」というと、
すかさず首から下げている私のメガネをどうぞとかけてくれる。
めがねを差し出しながら見上げる目が
「がんばってやって見て!」と誘っていた。
弾こうとしたら音が違うので、「あらこれシャープがついてるからね・・・」と言い訳すると、
小さな声で「シャープがついているからねぇ」と言ってみて
ちょっと照れくさそうに笑った。初めての言葉だったらしい。

小さな幸せな時間。

|

« 『図書館戦争』有川 浩 | トップページ | ワールドカップ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

家族のテーブル」カテゴリの記事

コメント

おはようございます

小さな子供の言葉って何であんな良い表現をするのかしら?っておもう事が沢山ありますね。

私もチビ殿と遊んでいて
楽しくなる事がたくさんありますよ

投稿: ちこ | 2010年6月15日 (火) 08時53分

こんにちは ちこさん
ほんとに子供と遊ぶと
ニコニコ笑顔がとまりませんね。
その全部を覚えてはいられないけど
少しでも書き留めておこうと言うのが
私のブログを書く理由のひとつです。
まあ子供の言葉だけじゃなく、何でも忘れちゃうけどね。

投稿: いち | 2010年6月15日 (火) 12時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『図書館戦争』有川 浩 | トップページ | ワールドカップ »