« 87歳のご馳走 | トップページ | としとみみ »

2010年4月20日 (火)

ふるーい知り合い

20104_148 昨日は近くのクリニックに薬をもらいに行った。

玄関で靴がいっぱいあったので
見知らぬ若いお母さんに
「混んでる?」
「うーん、普通。かな。」
「そうね、普通ね。」と言いつつ。

靴を脱いであがって一歩
「あら、○ちゃんのお母さん?」と声をかけられる。
「あーら。・・・・」(こちらは名前を忘れている)
「お元気ですか。」(娘の小学校1年生からのお友達のお母さん。親同士はそうでもなかった。)
実のお母さんを連れて医者に来ていたのだ。
「ぜんぜん変わってないわね。」「私はすぐわかったわよ。」と言われる。
今の状況を語り合い、偶然にも昨日おととい思い出話に出てきたのよ、といえば、あちらもお嬢さんとの話に出てきたという。
面白いわね。
「じゃあまたね。」と分かれる。

20104_149_2  帰りにスーパーで買い物していたら
「こんにちは。」という声。
「あらまあ、お久しぶりです。お元気ですか。ちっともお変わりなくて。」
といえば
「そんなこといってくださってありがとう。」という相手は
子供たちが幼稚園のころ過ごしていた団地の上の階に住んでいたお方。
てきぱきとお仕事なさっていたが、すでに退職なさり、
でも素敵にほんとに相変わらずかっこよかった。

スーパーのレジでも
またおしゃべり。(これがまた空いていたんですねえ)
「見切り品いっぱい買っちゃったわ。今日中に使えばいいわよね。」
「もちろんですよ。私など昨日正価で買ったエリンギまだ使ってないんですよ。」と私の半額のエリンギを見て言う。
「あらそうなの。あはは」

20104_150 今日はなんだかいろんな人と
たくさんおしゃべりしたな。

私も痩せたのが
元に戻ってきたから、
私ってわかるのだろうか。なーんてね。

|

« 87歳のご馳走 | トップページ | としとみみ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 87歳のご馳走 | トップページ | としとみみ »