« 雨の朝、日曜日に・・ | トップページ | 町中みんなで合唱団!NHKBSで。 »

2010年3月 1日 (月)

『リンカーン弁護士』上下

コナリーのボッシュシリーズではない話。
上巻のほとんどが裁判と弁護士の暮らし、
それにまつわる収入の話で、いささか飽きた。

それが
急展開。
コナリーとしてはただではすむまい。
これからどうなる。
そう思いながら下巻へ。

いろいろ小さな不満はありますが
まあ面白かった。

リーガルものとしては
裁判にひどい不正はありえないのだろうし、
こういう流れになるのは仕方ないのだろう。
ぶっ飛んだ仕掛けではなかった。

息子と母親の関係などももう少し書き込んでくれると
恐ろしさもわかるのかも。
まあそんなに恐ろしくなくてもいいか。

ボッシュシリーズも
この本のあとがきに今年中に、とあったが
まだかな。

何ヶ月ぶりの読書は少々消化不足
味わい不足の感あり。次は?

リンカーン弁護士(上) (講談社文庫) リンカーン弁護士(下) (講談社文庫) 2009.6. 1、2冊目

高級車の後部座席を事務所代わりにロサンジェルスを駆け巡り、細かく報酬を稼ぐ刑事弁護士ミッキー・ハラー。収入は苦しく誇れる地位もない。そんな彼に暴行容疑で逮捕された資産家の息子から弁護依頼が舞い込んだ。久々の儲け話に意気込むハラーだが…警察小説の名手が挑む迫真のリーガル・サスペンス
内容(「BOOK」データベースより)

|

« 雨の朝、日曜日に・・ | トップページ | 町中みんなで合唱団!NHKBSで。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雨の朝、日曜日に・・ | トップページ | 町中みんなで合唱団!NHKBSで。 »