« リハビリの病室で | トップページ | 金木犀の香り »

2009年10月11日 (日)

救急救命センター

私が
よく覚えていない時期だったが
救命センターの看護婦さんたちの働きっぷりには
感心した。

その仕事場は
非日常の中で、
いろいろなことが起こるところであろうが、

てきぱきとよく働き、
非常に心優しく笑顔で、
接してくれた。

本当にありがたかった

娘が孫と一緒に作って持ってきた
お見舞いのカードを入れ、吊るすようなものを
夜勤の時につくってくれたりもした。

さりげなく「この間夜勤の時につくったのよ」と話してくれた。
娘がいつ来たのかも私にはわからなかった。

おかげで私のベッドの周りには
娘たちからの激励のカードや孫の写真などがぶらさがり、にぎやかだった。

いろんな病人がお世話になるICUだが
私にとっては
まさに救命センターであった。

ここの方々にも心からお礼を言いたい。

|

« リハビリの病室で | トップページ | 金木犀の香り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

家族のテーブル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リハビリの病室で | トップページ | 金木犀の香り »