« 映画3本 | トップページ | 『蹲る骨』イアン・ランキン »

2009年2月20日 (金)

は~るですっね♪

昨日は保育園の学芸会のようなものだった。
会場が狭いということで見にいけなかったが、
前日にも我々の前で、30分ほど独演会をしてくれた。
うれしそうに笑顔いっぱいで歌や手遊びを見せてくれた。
動画にとったのを見ても頬がゆるむ。

20092_116 20092_118 20092_122 20092_117 その会は昼で終わって
娘と三人で近くのイタリアンで昼食
グラスワインをいただき、幸せ。
お昼はどこに行ったんだっけ?ときくと
「トマトのとこー」「そうだね。」

ピザはしらす干とバジルのクリスピータイプ、
パスタはきのこのホワイトソース生パスタ。
(そういえば娘にご馳走になったのでした、ごちそうさまー)
ワインにほろ酔いというわけでもないが(いや!あるか)、帰りの足取りも軽やか。
あるこーあるこーわたしはげんきぃ♪」
手をつないで真ん中を歩くマゴッチはご機嫌で歌う。

帰ってからの
お昼寝の時間は
三人で・・・ぐーすー
その間も
にんじん!たまねぎ!じゃがいも ぶたにくっ!
おなべで!いためて!はいっ できあがっりー♪」

と、かわいい声が耳の奥でずーっと聞こえていた。
ままごとのフライパンを持って歌っていました。

20092_10520092_106おひさま こんにちは 
キラキラキラキラ まぶしいね。
はぁるでしゅね、ポンポンポン 
はるでしゅね ♪」


手をきらきらさせ、ポンポンと打ち、体を揺らせて、
気持ちよさそうに笑顔いっぱいで
「はーるで・す・ね」と歌う声に
今日はあいにくの雨だけれど、
春も少しずつ呼ばれてきている気がする。

「きゃべっちゅーのなっかから、あおむしで・た・よ♪
にょきっにょき…ちょうちょになりまっしたぁ♪」

しみじみと救われる時間でありました。
保育園も2年目を終わろうとしている。
いろいろな思い出がよぎる。
生きていく、育って行くってことの素晴らしさよ。
いろいろなことを吸収した充実の2年間でした。
これからも元気でがんば!

動画ばかりで写真が無いのが残念!相変わらずのばばばかで・・・おほほ
前回同様2歳6ヶ月のかわいい盛りを記録です。
そんなわけで(どんなわけじゃい!)今日のエアロはお休み。

|

« 映画3本 | トップページ | 『蹲る骨』イアン・ランキン »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

家族のテーブル」カテゴリの記事

コメント

うらやましい光景です。
昼にワインいただけるなんて、ほんとに
お好きなんですね、
私なんでも飲めますが、少しです、
だから二人で1本はあけたら、ほんとに
もったいないんです。
グラスワインも3分の1で十分です。

まごってちゃんが作ったお料理食べられるまで元気でいないとね。
私にはこんな楽しみないんですから。

投稿: yone3 | 2009年2月21日 (土) 08時49分

こんにちは
よねさん
>ほんとにお好きなんですね、

そういうわけでも無いのですが
おいしいケーキにはおいしいコーヒー
おいしい和菓子にはお茶
おいしいイタリアンにはワイン
ついそう思ってしまいます。

コーヒーが飲みたいときは
合うお菓子が無いかしら、とも。

でどっちにしても
何か食べるし飲むし・・・困ったもんです。

おいしいものが無いときは当然食べないし飲まない!?そうかしら・・・あはは

投稿: いち | 2009年2月21日 (土) 18時37分

お孫さん大きくそして愛らしくなられましたね。ご無沙汰ごめんなさい。でも元気で時にはお訪ねもしていましたのよ。「思いつくまま凸凹ブログ」(老後の楽しみに・・・)なんて始めましたの。そうそう以前大変ご迷惑をおかけしました。時々いたずらしに来て、その上、人、間違えしたようです。春には出かけたいと思いますがいろいろ取り込んでいて予定が立ちません。では又。

投稿: 禮子 | 2009年2月23日 (月) 10時35分

こんにちは
お元気でしたか。ちょっと心配していました。
先日のこと、私は楽しかったです。
よーく考えるとなるほど、つじつまが合い・・
そうだったのか。
どなたかと間違えたのでしょうか。
でもこれもまたご縁ですね。
そちらさえよければ、またブログに遊びに来て欲しいです。
新しいブログ発見しました。
お気に入りに入れて、後で遊びに行きます。
文面などから、すこしお元気になったようすが伺えますが、どうですか?
元気でいればどこかでいつかは・・・
おいしいコーヒーを。ね。
これからもどうぞよろしくお願いします。

投稿: いち | 2009年2月23日 (月) 12時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 映画3本 | トップページ | 『蹲る骨』イアン・ランキン »