« かぜのはな | トップページ | フリースでマフラーと帽子 »

2008年12月 3日 (水)

『僕らはみんな生きている 』

昨日朝一番に
近くのIY堂に母に頼まれたお歳暮を頼みにでかけた。

一番で誰も居なかったけれど、一応番号札を取っていたら
後から来た人たちにカウンターに座られて
私一人番号札持って待つことしばし。

まあ、そうはいっても、そうは待たず、無事終わって
今日は卵が安いらしいと、見に行ったら
すでに無く。

マゴッチのマフラーの布を買い、
病気療養中の知り合いに送るクリスマスカードを相当悩んで買い、
カレンダーや食器を見て、ぶらっとし、
今日の夕食の買い物をした。
3000円以上にクーポンというところ、2890円ほどだった。

なんだか
ちょびっと、ついてない気分がして
もうひとつ寄るべきところを、早々に帰って来た。

たまたま見た映画。

僕らはみんな生きている [DVD] 僕らはみんな生きている [DVD]

販売元:フジテレビ
発売日:2005/11/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

1993年松竹 17

アジアの架空国タルキスタンのクーデターに巻き込まれた日本人商社員の姿を描くサバイバル・コメディ。一色伸幸作の漫画が原作。

真田広之、岸辺一徳、山崎努ら個性あるキャスト、
政情不安のタイで75日間に渡る本格的長期ロケを敢行して完成したという。
キネマ旬報ベストテン第五位。

最後まで日本人として「ビジネス」で仲間を救い出す。

そういう地に行ったものしかわからない。
そういう思いで、
たくましくも悲しい働き蜂の日本人ビジネスマンたち。

なかなか面白かった。

題名の歌は最後の方で命も保障されない中、
仲間を救いに突撃?する時に歌っている。

元気の出る歌だ、と再確認。
歌は良いね。

夕方は台所をしながら思わず口ずさんだ。
「ぼくらはみんな生きているっ、生きているからうたうんだー」
アンパンマンのやなせたかしさんの作詞「手のひらを太陽に」である。

|

« かぜのはな | トップページ | フリースでマフラーと帽子 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« かぜのはな | トップページ | フリースでマフラーと帽子 »