« 本と映画 | トップページ | 『からだにおいしい 野菜の便利帳』と伝統野菜 »

2008年11月30日 (日)

お土産の形

1_141 風邪気味で
鼻の下がガサガサ。

先日広島のお土産にもらった「夢の憩」というものは
あけてみたら酒瓶型の最中だった。
母のところに持っていって半分に。
広島のお酒の銘柄が書かれている。粒餡、白餡、抹茶餡がある。お土産商品のアイディアは大変だ。

息子は「1に栗、二に最中」がおばあちゃんへのお土産と決めている。
もうひとつの栗生八橋も今限定のお菓子らしい。1_143

もうひとつ
この前、
山梨で買ってきた今限定の「月の雫」
生の甲州ブドウを砂糖蜜でくるんだもの。
今年は巨峰のもあった。もちろんもっと高い。
写真写りは悪いが結構複雑な味。

その土地土地のお土産。
その形も様々。

お土産を食べながら、またまたその土地を思う。

|

« 本と映画 | トップページ | 『からだにおいしい 野菜の便利帳』と伝統野菜 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

いちさん、風邪大丈夫ですか?
日常生活はできるけど、鼻の下がさがさとかちょっとした不快感がねぇ…。そんな季節がきたなぁ。大事にしてくださいね。
月の雫、どんな味なのかしら、複雑っていうことは美味しい~っ!っていう感じじゃない?食べてみたいわ。
私も、三丁目…と続三丁目…見ましたよ。芥川賞とらせてくれ~って、私もご主人と叫びたかった。
面白いことに、タクロウがあの世界をいいなぁ~と感じて懐かしむように見ていました。懐かしむのは何故?かしら…。

投稿: ことり | 2008年11月30日 (日) 15時50分

こんにちは
ことりさん
「月の雫」おいしいですよ。
砂糖みたいに見えるけど
中は生の甲州ブドウで、その意外さが
複雑という感じなのです。
この時期に行くといつも買ってきます。
「三丁目・・」まさに私のリアル世代でした。
ああいう暮らし、ソフトは良いけれど
ハード面は大変そうですね。
洗濯機とか・・・脱水、くるくるまわして・・・
ことりさんのお宅もソフト面ではそういう心優しい雰囲気がいっぱい!!

投稿: いち | 2008年12月 1日 (月) 09時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本と映画 | トップページ | 『からだにおいしい 野菜の便利帳』と伝統野菜 »