« 山梨からのお土産で | トップページ | 大空は素敵なキャンパス »

2008年11月21日 (金)

『楽しみは創り出せるものよ』ターシャ・テューダーの言葉

良い天気ですね。
空は晴れ渡っています。冬型。
この本は題名そのものが私を惹きつけました。
お金が無くても楽しみはどこにもある。
見つける気さえあれば、そして創り出そうとすれば。
それは私の思いそのままであったから。

子どもが小さかった頃、よく近くの山のふもとに行きました。
今はそういう場所が規制されて、少なくなってきています。
朝起きて「出かけよう!」
川のほとりで朝ごはん食べよう!誰もいない小さな川のほとり。
で、電気釜のご飯と昨日のカレー、パンなど家にある食料を持って出かけたこともあります。
食べる時になって箸を忘れたことを思い出し、急遽枝で作った手作りの箸で食べたことも。
スキー場の駐車場でカップ麺のためのお湯を沸かしていたら、
あっという間にガスが無くなったことも。みんなの顔が・・・・
いろいろ忘れ物をしたリ困った時のほうが今となっては思い出になっています。
その頃は家族全員分のマグカップやスプーン、コーヒーやティーバッグなどの飲み物、などなど入れたキャンプセットが携帯必需品でした。
あれ、どこに行ったかなあ。再登場させようかな。

楽しみは創り出せるものよ―ターシャ・テューダーの言葉〈2〉 (ターシャ・テューダーの言葉 (2)) 
2003,12 84
リチャード・W. ブラウンの写真69点収録。
それにターシャの言葉を加えた日本オリジナル編集という。
写真集のようで、美しい。
読むというよりは眺める、感じ。
すぐ読み終えました。

1_102年を取るのはいいこと
ジョージ・バーナードショーの言うとおり、
「若さは、若い者に与えるにはもったいない。」
年を取ってからのほうが生活が充実し、
いろいろなことをもっと楽しめます。
椅子に座ってから、あ、メガネを忘れたなんていうこともあるけれど、
わたしにとって、今がいちばん楽しい時です。

座右の銘
わたしはジョージ・バーナード・ショーの次の言葉を
座右の銘として生きて来ました。
「人は自分が置かれている立場を、すぐに状況のせいにするけれど、
この世で成功するのは、立ち上がって自分の望む状況を探しに行く人、
見つからなかったら創り出す人である」

|

« 山梨からのお土産で | トップページ | 大空は素敵なキャンパス »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山梨からのお土産で | トップページ | 大空は素敵なキャンパス »