« 特別公開 『大絵馬寺宝展と庭園拝観』…浅草② | トップページ | 『新世界より』喜志祐介 »

2008年10月21日 (火)

浅草奥山…③

2000810_227 江戸時代浅草寺本堂の西北一帯は俗に「奥山」と呼ばれ、盛り場として大道芸人や見世物小屋でにぎわっていたという。
おそらく本堂の奥にあったことから「奥山」と名付けられたらしいとあった。
宮様や将軍様が参拝後伝法院で休み、ここの大道芸を楽しんだという。
明治以降西側の六区へと移ったが、その前身といえる。
今、記念大開帳にあわせて奥山風景として、同じ地に茶店や平成中村座などいろいろ催されている。
2000810_236
おなじみの演芸。
みんな楽しんでいる。
茶店で箸を使い、お餅を食べている金髪女性もいた。
その反対側の木戸を出ると浅草六区。

2000810_240 木馬館と木馬亭。2000810_241 

2000810_244 少し行くと
「浅草フランス座東洋館」「浅草演芸ホール」

しばしうろちょろして
お昼はもんじゃ焼き。
実は初めて食べる。

2000810_247 あとで何か甘いものを食べて・・・
などと思ったのだが
実は足が相当痛い。
食い気よりは家路、ということでお土産を買って早々に電車に乗る。
2000810_167
舟和のいも羊羹とあんこ玉のセット。
「明日までにお召し上がりください」
「了解しました。」きっと守ると固い決意の返事。
早速家に帰り、一本半食べたところで
「明日は夫が帰ってくる、とっておかなきゃ」と思う。

2000810_168 銀座線で渋谷方面へ向かうが、階段を下りるのもつらく、キルトの展覧会はパスさせてもらう。

知らずに行ったありがたい特別大開帳でありました。

|

« 特別公開 『大絵馬寺宝展と庭園拝観』…浅草② | トップページ | 『新世界より』喜志祐介 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

先週は新宿、昨日は渋谷、ミレイ展みてきました。
寒くなり持病のヒザ、肩がいたみますが
シップしたり、あたためたりしてます。

投稿: yone3 | 2008年10月21日 (火) 17時00分

いちさん、ラッキーでしたね!
こんな素晴らしいお庭(いつものことながら写真もうまいし)が隠されて?いたんですね。
あの喧騒の浅草寺のどこに、こんな場所があったのかと驚きです。
当時から一般庶民には関係のない場所だったのでしょうから、そこを見られたなんて羨ましいなぁ。
御開帳だったなんて、全然知りませんでした。

あちこち歩いて、お疲れ様。
舟和の和菓子、すっごい美味しそうです!
夫のためにがまんして残したいちさんはエライッ!

投稿: ことり | 2008年10月21日 (火) 20時28分

こんばんは、よねさん
ミレーもやっているのですか。
ミレーの絵のある山梨美術館は大好きで
時々行きたくなります。
お互い足を大事にしましょうね。
よねさんは体重が私の半分ぐらいしかなさそうですけど。

投稿: いち | 2008年10月21日 (火) 21時08分

ことりさん、こんばんは
多分偉い人の隠れ家だったのでは無いかしら。
参詣の時の、ね。
機会があったらぜひ。
ことりさん
私の偉いところを褒めてくれてありがとう!!
そこを読み取ってくれてうれしいなあ。

投稿: いち | 2008年10月21日 (火) 21時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 特別公開 『大絵馬寺宝展と庭園拝観』…浅草② | トップページ | 『新世界より』喜志祐介 »