« 三国志群像その後…居間展① | トップページ | 金木犀の香りの中ワインが届く。 »

2008年10月 7日 (火)

お茶箱 月手前…居間展その②

2000810_049 この日いらしていた方々がお茶をたててくださるという。
それもあって一石二鳥を願いこの日に伺ったのだ。

お茶箱を使ったお手前。
とてもコンパクトにできていて、
ピクニックに行く用のもの?である。
面白い。
しかしお茶をいただきながらだったので
写真がうまく取れなかった。

新しい畳の
和室からはきれいなお庭が見える。
雨上がり、
日が少し差してきてこれまた趣を出す。

2000810_041 月手前。
お香の煙が美しく
はしゃぐ気持ちを静めてくれる。

季節もよく
おいしいお茶をいただきました。

もちろんお菓子は
ご主人作成の落雁など。

Photo_3 お茶箱には振り出しという菓子器があって、
そこに金平糖が入っている。
振り出していただく。
また、ウグイスという針で茶せんが風で倒れないような工夫もある。
小さな茶箱にコンパクトに収まるお道具たち。
日本の美、侘びさびの中にも遊び心を感じた。
そうして楽しんだ人を思った。
おいしいお茶はいただいてしまい、写真は無し。

2000810_047お茶箱拝見
・拝見の時の注意点。袋を拝見し、帛紗に並べて置いたあと、箱に戻す時は、左掌の上に、茶碗の袋、棗の袋、茶杓の袋の順に乗せ、その後はその3つの袋を右手で上から一度に持ち、そのまま箱に戻す。(hpより)
一つ勉強になった。覚えておこう。

2000810_029 初めて会った方々と
上質なゆったり、しかも和やかな時間を過すことができた。
あら!?孔明先生もお茶いかがですか?

2000810_069 歩いて実家まで帰り、
お土産にいただいた落雁を置いてきた。

家に帰ったら暗かった。
楽しい時間をありがとうございました。

|

« 三国志群像その後…居間展① | トップページ | 金木犀の香りの中ワインが届く。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

私と仲間と」カテゴリの記事

楽しく暮らす・衣食住」カテゴリの記事

コメント

優雅な時間を過ごされたんですね。
私は三国志は詳しくないのですが、木彫(昨日の仏像とかも!)素晴らしいですね。
この方は彫刻師でいらっしゃるのですか?
お茶箱もほんと、雅な遊び心を感じますね。
歳を重ねると、こういう世界に心惹かれます。

投稿: ことり | 2008年10月 7日 (火) 22時43分

こんにちは
ことりさん
このご主人は趣味で10年ちょっと前に始められたそうです。
三国志の像が彫りたくて、仏像彫を習いに行って・・・
今では頼まれればガンダムまで。
少し前を行く人生の素敵な先輩ご夫婦です。
がんばりまひょ。われわれも。

投稿: いち | 2008年10月 8日 (水) 14時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三国志群像その後…居間展① | トップページ | 金木犀の香りの中ワインが届く。 »