« 白馬の宿…③ | トップページ | 小布施 岩松院から山田温泉へ…⑤ »

2008年9月 3日 (水)

2日目善光寺へ…④

翌日は雨模様でした。
白馬に別れを告げ、オリンピック道路で長野善光寺へ向かいます。
200088_279 途中道の駅によりながら、長野方面を見れば空も明るい。いい感じです。200088_298
何年ぶりかの善光寺です。三度目でしょうか。
ちょうど本堂で荘厳な読経が聞こえ、
お参りをしようとしたところ
それが終わり、
「お数珠頂戴」と呼ばれる行事に待ち時間も無く参加できました。

テレビや本では見たことがあったものですが、
それに偶然にも体験できて、なんだかラッキーでした。
母もそれを知っていて幸せそうでした。200088_304
山門(三門)重要文化財
 「寛延三年(1750年)に建立された二層入母屋造りの門です。屋根は大正年間の葺き替え時に檜皮葺きとなりましたが、平成十四年から十九年にかけて行われた平成大修理において、建立当時と同じサワラの板を用いた栩葺き(とちぶき)に復原されました。
 楼上には輪王寺宮筆の「善光寺」と書かれた額が掲げられています。これは通称「鳩字の額」と呼ばれており、3文字の中に鳩が5羽隠されています。更に「善」の一字が牛の顔に見えると言われ、「牛に引かれて善光寺参り」の信仰を如実に物語っています。」
HPより。
それで鳩の根付があったのだな。妹に買う。
ちょうど修理が終わり特別公開されていた。20分待ちだったのでパス。

200088_312_2 仁王門
仁王像並びに仁王像背後の三宝荒神・三面大黒天は共に高村光雲・米原雲海の作であり、その原型は善光寺史料館に展示されています。200088_328 hpより。
200088_332_2  参道に境内に人がいっぱいです。
石畳も昔のままという。

お土産を買います。
母はお隣の人に「善光寺でお土産買って体調がよくなるようにお祈りしてくるからね。」と約束したらしい。
母はそのためにがんばって歩きお土産も買いました。200088_336_2
200088_338

鎌倉時代の作とされる我が国唯一の等身大(1.66メートル)の銅造釈迦涅槃像という。

これも公開されていた。
なかなかのものでありました。

みんなで幸せな気分になって
先を進みます。(続く)

|

« 白馬の宿…③ | トップページ | 小布施 岩松院から山田温泉へ…⑤ »

旅行・地域」カテゴリの記事

家族のテーブル」カテゴリの記事

自然 山 植物」カテゴリの記事

神社仏閣城趾建物」カテゴリの記事

コメント

長野、上田に4年いましたから、善光寺
にはなんども行きました。
中の真っ暗なところ通りぬけしましたか。

投稿: yone3 | 2008年9月 3日 (水) 20時56分

長野、上田にいらしたのですか。
上田城や真田の住居跡や城跡も行きました。5年ぐらい前かな。
善光寺の真っ暗なところは少し前に行ったので今回は行きませんでした。
カギがあるのですよね。
ちょっと怖かったです。

投稿: いち | 2008年9月 3日 (水) 21時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 白馬の宿…③ | トップページ | 小布施 岩松院から山田温泉へ…⑤ »