« 箱根へ①…阿弥陀寺 | トップページ | 箱根・強羅の宿…③ »

2008年7月18日 (金)

箱根登山電車で…②

箱根帰りで寝不足の昨日、娘のところへやってまいりました。
今週も風邪であります。保育園ではやっているようです。ブログの更新はできないかと思っていたのですが、今日は保育園に行きました。その間に・・・・

箱根登山鉄道は、大正8年(1919年)に開通したわが国唯一の本格的山岳鉄道です。鉄道敷設にあたっては自然の景観をそこねることのないように、多くの配慮がされています。写真で説明しているもののほか、小田原~強羅間の13ヶ所、延べ2kmにおよぶトンネルや、26ヶ所の鉄橋を設けていることなどもそのあらわれと言えるでしょう。」HPより

200087_173トンネルとトンネルの間にポツンとある無人駅・塔ノ沢駅には「出口」「入口」用のパスモ用の機械が二つ並んでお客さんを待っています。200087_175

こっちのトンネルから上・強羅を目指します。200087_194

山の傾面を登るためスイッチバック方式をとり入れてジグザグに登ります。スイッチバックは出山信号場、大平台駅、上大平台信号場の3ヶ所で行ない、そこでは運転士と車掌が入れ替わります。」上大平台信号場。200087_247
200087_248単線。
電車と行きかうために止まります。ゆっくりのんびり。
スイッチバックのたびに運転手さんと車掌さんが前後を入れ替わり。
「雨の時は走って交代するのかな。」
そんな思いを致す首都圏の電車とは異なる時間がありました。
200087_254前でみていると、
運転手さんは毎日このあじさいや山の景色を見ながら、ゆっくり走っているんだな、とそんなことを思いました。

80パーミル(1000分の80)の勾配やR30の曲線もあるのでどこまでものんびり決して急がず走ります。
この時間がいいですなあ。200087_258

200087_195200087_261そこの君たち!向こうの山がきれいだよ、
これから行く宿での楽しみどころかすでに会ったときから楽しみははじまり、
話は弾みっぱなし。
笑い声が、話の一つが谷底に転がって行ったようでした。200087_185

いくらゆっくりとはいっても
真向かいの景色は私のカメラではこんな風で・・・
でも、これも面白い写真でしょ。

久しぶりの登山電車はまたいいものでした。

子どもが小さい頃は
何度も乗ったのですが・・・
そんなことも思い出しつつ、
続く

|

« 箱根へ①…阿弥陀寺 | トップページ | 箱根・強羅の宿…③ »

旅行・地域」カテゴリの記事

私と仲間と」カテゴリの記事

自然 山 植物」カテゴリの記事

コメント

アジサイがまだいいようですね、
庭のあじさいはもう処理しました。
車窓からの写真いい感じです。

投稿: yone3 | 2008年7月18日 (金) 13時28分

紫陽花もさすがに終わりでしょうかね。
こういう季節に乗ったこと無かった気がしますね。
なのに電車はすいているいい時期でした。

投稿: いち | 2008年7月19日 (土) 16時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 箱根へ①…阿弥陀寺 | トップページ | 箱根・強羅の宿…③ »