« 池袋でカレーうどん | トップページ | 『クライマーズ・ハイ』横山 秀夫 »

2008年7月12日 (土)

原了郭の黒七味

200087_127 先日友達に京都のお土産ということでもらった。
「黒七味よ。柚子コショウの次はこれだと思うわ。」

「はらりょうかく」といい、
京都の老舗でネットで調べると
「初代当主の原儀左衛門道喜は、赤穂義士・原惣右衛門の子として生まれた。初代は浅野家の家臣を勤めた後、香煎の処方を学び、号を了郭と定めて、元禄一六年(一七〇三)に原了郭を創業」
うーむ、歴史を感じるなぁ。

「香煎を専門に扱う同店は、全国的にも希少な存在であり、すべての商品は一子相伝の独自の製法によってつくられる。そして現在は、原了郭十三世の名を継承した若き当主が、伝統の香り豊かな香煎をただ一人で製造している。香煎ならではの香りや味はいまも愛され続けており、京の伝統文化の一つとして、大切に守られているのである。」
200087_129 「代表的な商品としては、乾燥させた大葉と焼き塩を合わせた「青紫蘇香煎」があげられる。白湯に混ぜてしばらくすると湯が淡い緑色に変化し、紫蘇の香りが立つ逸品で、茶席の待ち合いなど、茶事によく用いられる。」
これも興味あります。

黒七味 真っ黒になるほど揉んだ唐辛子。
封をあけてみれば、すばらしい香りが第一印象。
匂いに厳しい息子も「いい香りだ」とかけている。

200087_130 厳選した7種類の材料(唐辛子、山椒の実、白ゴマ、黒ゴマ、けしの実、麻の実、青のり)を合わせ、それぞれの素材を生かすように手間をかけた一品。

たしかにどんなものにも合う気がする。
最初、まず香りで、奥深い味、最後にピリッと辛さが。昨日は冷シャブを試してみた。
小さいけれど味を引き立てる見事な役者である。
友に感謝!

|

« 池袋でカレーうどん | トップページ | 『クライマーズ・ハイ』横山 秀夫 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

私と仲間と」カテゴリの記事

コメント

七味は赤い!~て今の今まで思ってました。へぇ~、美味しそう!
この暑さにピリ~て食が進みますね。
こんどさがしてみよう。

投稿: yone3 | 2008年7月12日 (土) 15時26分

こんにちは
そうなんですよね。
香りがまずいいです。
ぜひお試しを!

投稿: いち | 2008年7月13日 (日) 08時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 池袋でカレーうどん | トップページ | 『クライマーズ・ハイ』横山 秀夫 »