« 手作り猫が来た | トップページ | 最終巻と浴衣姿 »

2008年7月23日 (水)

『マジョモリ』

暑い日が続きます。こんな日はさわやかな絵本を。

マジョモリ マジョモリ

著者:早川 司寿乃,梨木 香歩
販売元:理論社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


55

ブログの友達に教えてもらい、早速リクエストして読んだ本。

絵本なのかな。すぐに読める。
挿絵が話にマッチしていてさらに効果をあげていて良い雰囲気。
家の中の風景は写実的で自然で素敵
そしてマジョモリの様子は当然ながら話に合ったシュールというか少し空想的な絵になっている。
そしてどちらもやさしく美しくそれでいてきりっとした線で描かれている。
絵の色合いも文章と重なり合い、優しい風が吹く時間、空間がこの本にある。
ゆっくり見直すとその絵はいろいろな思いを語りかける。
文章と絵の見事なコラボ。

「なまくりひむ、だいこうぶつのこと、あきらかなり」

つばきとおかあさんとハナちゃんとふたばちゃん
3人の?楽しい夢のような時間。

心が存分に遊べる、ゆったりする話だった。
お母さんも少女だったのよ。あなたと同じ夢見る・・・・

内容(「BOOK」データベースより)
春。森の奥で思いがけないティーバーティーに招かれるつばき。誰もがやがて忘れてしまう“小さな女の子の時間”を鮮やかにくっきり描く。

|

« 手作り猫が来た | トップページ | 最終巻と浴衣姿 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 手作り猫が来た | トップページ | 最終巻と浴衣姿 »