« 反メタボ対策の日 | トップページ | 桜の木陰で『アタマ八分目、ココロ八分目』 »

2008年7月 4日 (金)

野菜がいっぱいで、「ダンスレボリューション」

今朝はじっとりとして、いかにも梅雨であります。

昨日200087_027 ピンポーン!で宅配便が来た。
婿殿の実家からだ。
お野菜がいっぱいとお米。
北海道に出張で行った夫がメロンを送ったからだろうか。
電話で、いつもいただいてばかりなので送ったのに、これじゃ困ります。
「そちらが先なんですから・・・」などといいつつ、
結局、孫の可愛さを話しあう会議になる。

あちらの爺様が作っている野菜たち。誠にありがたい。
200087_030 早速青梗菜は豚肉と中華風に炒め、
小さなジャガイモは皮ごと油で炒めて甘辛く煮付けた。
同じくいただいたインゲンと。
おいしくて半分以上食べちゃった私。

きゅうりは私の好きなピリカラ漬け(酢・砂糖・醤油・唐辛子・ごま油)を作り、
これまた全部自分で食べちゃった。

我が家のベランダきゅうりは夫がお味噌をつけて食べるのを楽しみにしているので、私が勝手に食べることはまだできない。もっといっぱいできたら別だけど・・・
本当にありがたい。感謝感謝であります。無駄にせず使いますね。

そして、昨日BSで見た映画

ダンス・レボリューション  (ユニバーサル・ザ・ベスト第8弾)
ダンス・レボリューション 
Honey 2003年アメリカ 94分 11
【Dance&Hip Hopミュージック・ムービーの傑作!】とある。
原題は「Honey」
夜はバーテンダー、昼はレコード屋でバイトしながら、市民センターで子供たちにHip Hopダンスを教えるハニー(ジェシカ・アルバ)。
彼女の夢はプロのヒップ・ホップ・ダンサー。ある日、大物ディレクター、マイケル(デイヴィッド・モスコー)の目に留まり、ミュージックビデオのバックダンサーとしてデビュー、振り付けも任されて瞬く間に成功を収める。しかしそれと引き替えに、親友や子供たちと過ごす時間が無くなり、自分を見失いがちに・・・。そんなある日、パーティの席で迫ってくるマイケルを拒んだために、彼女は仕事を干されてしまうのだが---。掴みかけた夢と現実の狭間で葛藤し、やがて本当の自分を見出していく姿を描いた青春ドラマ。


「ダーク・エンジェル」のジェシカ・アルバ主演。青春ガールズ・ダンス・ムービー!
ミッシー・エリオットやジェニュワインらアーティストが本人役で登場。〔私には良くわからなかった)
ミュージック・クリップ撮影シーンや華麗なダンス・シーンが満載!
主人公と心通わせる少年ベニーはキッズ・ラッパー、リル・ロメオ。


切れのいい音楽とヒップホップダンスに思わず見ながら体が揺れたラストのシーン。
私の好きなダンス映画。
そして安心して見られるハッピー映画。
どこかで見たことがあるような筋ではあったが。
よって、日本未公開。 ここまで書いて、前に見た!と思い出す私。はーぁ

|

« 反メタボ対策の日 | トップページ | 桜の木陰で『アタマ八分目、ココロ八分目』 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

家族のテーブル」カテゴリの記事

楽しく暮らす・衣食住」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 反メタボ対策の日 | トップページ | 桜の木陰で『アタマ八分目、ココロ八分目』 »