« 『老人たちの生活と推理』コリン・ホルト・ソーヤー | トップページ | 紫陽花の園…① »

2008年6月24日 (火)

まさに鯖イバル!

先日、息子が輪島のイシル漬けの鯖を会社からもらってきた。

息子はもう夕飯を食べて出かけたので、
直後に帰ってきた夫とその鯖干しを食べた。
いかにもおいしそうだったのである。

焼いてみれば、やはりものすごくおいしい。
最近に無くおいしい。魚好きの夫も言う。

これは忘れないうちに礼を言わねばなるまいと、息子にメール
「鯖今食べたけど、ものすごくおいしかった。」
「えー食べちゃったの?」(
あれ?!意外な反応だ!)
「なんだ、食べたかったのか?おいしかったぞ。」(殿様みたいだとの噂あり。)
鯖好きなのに。」(涙顔マークまで付いて・・・)
え!?そうだったっけ?知らなかった。
そういえば北海道のキャンプでおいしそうに食べてたのは・・・ほっけだった。
鯖ではなかったと考えるのか、あるいは干物だったと思うのか、これが問題、って程ではないな。
冷凍が解けてるし、明日だと腐る・・・・・また買いますだ。」
なーんて言い訳メールをしてみれば
「まさに鯖イバル!」と、きた。納得した模様だ。(??そうか?)

確かに我が家はおいしいものは「サバイバル」
アイスでも名前でも書いておかないと、次の日には溶けるといって食べられちゃう。
(誰に?私ですが・・・)

200086_063 しかたなく
また大きな鯖の干物を買ってきて
「どうぞ1枚ぜーんぶあげる」
しかしこれは普通の銚子の干物、
普通のおいしさでありました。

いつかきっとおいしいのを買いましょうぞ。
輪島のイシル漬けは高いのよねえ。

そこまで書いて思いついた、
良く金沢や富山に出張に行く人に頼もうか!
食べちゃった一人でもあるし・・・あはは

写真はグアムのDFSで6月30日賞味期限なのでお安いです、という
ベルギーのチョコを買い(こんなところまで来て買うか?!)
それをみんなで山分けした。
残り少なくなりました。
歯茎が腫れて食べれないといっていたわが妹は食べたかな。

|

« 『老人たちの生活と推理』コリン・ホルト・ソーヤー | トップページ | 紫陽花の園…① »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

家族のテーブル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『老人たちの生活と推理』コリン・ホルト・ソーヤー | トップページ | 紫陽花の園…① »