« 『目くらましの道』ヘニング・マンケル | トップページ | 小さな幸せな時間 »

2008年5月23日 (金)

思い出のレース

昨夜10時娘のところから帰宅。
そして今日はまた忙しく、図書館、エアロ、実家、買い物というコース。


20085_233 先日作ったおそろいの服にだめ出し(?)が出たので
娘のところへ持っていって直した、というか足した。
小公女セーラみたいに上品に作った服だったが
本人はまだ髪も短く可愛い少女には程遠く、
地味すぎるというので。
レースを足した。

娘のには別の取って置きの可愛いレースを裾につけた。
20085_236 ところが、マゴッチのは年代を経たレースのため、輪ゴムで留めておいたところが茶色くなってしまい、
しかもそこがなぜかポケットと真正面に来ているというおおざっぱさ。
そこでその二箇所にボタンをつけ、裾は隣にももうひとつボタン。
どうじゃ、遊び心のようでしょ。おおざっぱな開き直り。
このレースは娘が小学校2年生の誕生会の時のお返しに
みんなに手作りハンカチを作ったときのものだから20年以上前になる。20085_242ローンで作ってそれぞれのイニシャルを刺繍して。
もう一枚は可愛いプリントで作ったっけ。
思い出のレースもだいぶ少なくなってきた。
私にとっての思い出だけれど。

娘のところでは、
OZAP洋裁店の支店を細々と開業中だった。
母の手作りの服は今思うと良かった、などといっていた。
仕事と育児の隙間をぬって
子どもを起こさないように、
ごっとんごっとんとゆーっくり掛けるミシンの音。
少し手伝った。チャコの青がなんとも。
月末出かけるときに母子色違いの御揃いで着るらしい。
楽しみだね。

|

« 『目くらましの道』ヘニング・マンケル | トップページ | 小さな幸せな時間 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

家族のテーブル」カテゴリの記事

楽しく暮らす・衣食住」カテゴリの記事

OZAP洋裁店」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『目くらましの道』ヘニング・マンケル | トップページ | 小さな幸せな時間 »