« 雨上がりの春は・・・ | トップページ | 旬の春 »

2008年4月21日 (月)

映画『死ぬまでにしたい10のこと』

月曜日です。息子たちは二人とも土日とも休日出勤で、月曜はつらいだろうなあ、と思う。
ふと考えれば夫も昨日から出張だった。てへ

死ぬまでにしたい10のこと(DVD) ◆22%OFF! 2002年作  
 原題「My life without me 」のほうが内容にはあっているが、インパクトはこちらの邦題かな。

死ぬまでにしたい10のこと!?
なんだろう、そう思って前から見たかった映画。

ゆっくり見ようと思ってビデオにとり、見た。
何をしたいのか、そして自分はどう考えるか、興味があったから、だが..。
主人公のアンは、母親として、妻として、娘として、そして一人の女性として、自分が死ぬまでにすることを10の項目にまとめる。
しかも書き出すのが早いのだ。
思うに、2,3ヶ月という時間の無さが、悲嘆ににくれる時間も落ち込む時間も短くしたのだろう。

それはこんなものだった。
Things to do before I die
1 娘たちに毎日愛してると言う。
2 娘たちの気に入る新しいママを見つける
3 娘たちが18才になるまで誕生日のメッセージを贈る。
4 家族とビーチへ行く。
5 好きなだけお酒と煙草を楽しむ。
6 思っていることを話す。
7 夫以外の男の人とつきあってみる。
8 男性を夢中にさせる。
9 刑務所のパパに会う。
10 爪とヘアスタイルを変える。

23歳の母親、
小さな娘たち。思いやりはそこへ。

しかしわからないところ、同調できないところもある。
すぐにそういう男性が現れる所など。

いろいろ考えながら見た。
医者もいい味を出している。
医者が隣に座って告知するシーン、次に真正面に座るシーン。
働く仲間との会話のシーン。

誰にも告げず余命2,3ヶ月はつらいなあ。
じっくり見たが、
最後の最後、スタッフロールの前から切れて、
阪神戦のビデオになっていた。

ネットで検索すると、何とか最後まで見たようだが、不安である。
私がまずやるべきことの一つは、もう一度この映画の放映を待って、
私が最後まで見たことを再確認することのようだ。

|

« 雨上がりの春は・・・ | トップページ | 旬の春 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この作品新聞でみてきになってました。
自分が還暦をすぎ死に対してそれていられない、年齢、でもまだ考えたくない、
だからこの題名がきになったのだと、思います。近くの友人のご主人が65歳で
あっけなく亡くなられ、なお感じます。

投稿: yone3 | 2008年4月21日 (月) 20時13分

こんにちは、よねさん。
そうなんですよね。
私も同じです。
自分はどう思うのか、の参考にしたいな、なんて思って。
結局自分には自分の人生があるから自分で考えるって事でしょうね。
いつかで生きられるかだって自分にはわからないのですよね。

投稿: いち | 2008年4月22日 (火) 09時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雨上がりの春は・・・ | トップページ | 旬の春 »