« バラが咲いた! | トップページ | 一六タルト »

2008年3月22日 (土)

「まんだい」と『反転』

20083_139 スーパーで安い切り身があった。
まんだい」とある。
魚屋のお兄さんに
「これってなあに?」って訊いたら
「何って・・・」となんと答えるべきか困っている。
「もちろん魚ですよね。」
「はぁ」
「どうして食べたら良いのかな。鯛の仲間じゃないし・・・」
ネットで調べてみた.
20083_154 「アカマンボウ」という魚で、2メートルにもなるという。
だから安いのかぁ。
関東の市場では「万鯛(まんだい)」。
この魚を「知っていたら達人級」とあった。
刺身(カルパッチョ)干物、ムニエル、フライなどに良いらしい。
カジキマグロのようである。
回転寿司ではマグロとして流れていることもあるという。
照り焼き風に煮付けたが、ムニエルとかフライなどの味付けが良いかも。
そして・・・

反転―闇社会の守護神と呼ばれて 反転―闇社会の守護神と呼ばれて

著者:田中 森一
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

夫が新聞で紹介を読んでリクエストした本。 24冊目
結構売れているらしい。せっかくなので斜めに読んでみた。
ところが生真面目?の私にはなかなか斜めができない。
まっすぐ読んだり、飛んでみたり・・・

特捜検事として名をはせ、やがて弁護士として。
してきたこと、出来事を書き連ねる。自伝。

多くの事件が登場し、実名で登場する実力者、政界、財界の人々。
「あぁそういう事件があったなぁ。」
なんて人は忘れっぽいのだろう、いえ、私だけか。
世間を騒がせた事件の数々のこと、隠された裏側。そしてそれが真実なのか。
魑魅魍魎!奇奇怪怪のお金がらみの事件の真相は私には不明。
大物権力者、それが裏社会でもあったりするが、と
行き来がある。

検察は行政の一部、国策捜査というものもあるのかもしれない。
そういうこともあるかと思っていても
はっきり書かれるとなんだか怒る気にもなれない、捜査の打ち切り。

彼は一体何をしたかったのだろう。
バブルのころのお金の話はなつかしいのだろうか。
これからは・・・

石橋産業に対する手形詐欺事件が今年2月上告棄却され刑が確定した。

|

« バラが咲いた! | トップページ | 一六タルト »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

食べたきがします、まんだい、の名で。
色がほんと、かじきまぐろね。

むずかしい本よく読まれてますね、
感心します。私の読書はいたってか~ぁるいものです。

投稿: yone3 | 2008年3月22日 (土) 18時49分

そうですか。
「まんだい」知っていたのですね。
「達人級」です。
本はあったので、せっかくなので読んでみましたが
感動とかはありませんでしたね。

投稿: いち | 2008年3月23日 (日) 09時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バラが咲いた! | トップページ | 一六タルト »