« 「生まれ来る子供たちのために」 | トップページ | 木象嵌の箸置きとウィンナーの白菜ロール »

2007年12月 2日 (日)

言葉

200711_089 甥っ子の子どものSちゃんに一ヶ月ぶりに会った。

「ママ これ たべる。」こんな調子で話していたのが、
「ママちゃんはこれがすきなの?」のような言葉になっている。
見事に助詞がついている。

まだ発達段階だろうが、その進歩はすばらしいと思う。
こんな風にわれわれも英語とかを話せるようになったら良いのになあ。
とにかく、これからは大人の使う言葉がいい手本にならなければならないから、
きちんとした言葉を使おう、かな。

同じことを伝えるのでも言い方で、相手への伝わり方はかなり異なる。
言葉遣いは大切。

機関車トーマスのふりかけを見て「これなあに?」って聞くから
メガネをかけて大声で読む。
「カツオ~」なんだか腑に落ちない様子だったので
裏も見て「機関車トーマス」とこれまた大きな声で。
すると「うん」と納得した模様。

そして、もうひとつのふりかけの名前を聞かれ、私は読み上げる。
「たらこ~」「あらっ?!」
ここで気づくのだ、こっち側にはふりかけの種類が書いてあったのだと。
さっきの「カツオ」も当然・・・・
相変わらずあわてんぼうの私である。

紅葉が街にも下りてきて、車を走らせていてもきれいだ。

|

« 「生まれ来る子供たちのために」 | トップページ | 木象嵌の箸置きとウィンナーの白菜ロール »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

家族のテーブル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「生まれ来る子供たちのために」 | トップページ | 木象嵌の箸置きとウィンナーの白菜ロール »