« 博多ラーメンで住吉神社へ③ | トップページ | 山笠の櫛田神社…⑤ »

2007年11月10日 (土)

川端商店街…ぜんざい…④

200711_099 「川端ぜんざい!?」
「うむよくわからんが美味しそうだから行こう」
で、やってきた「川端商店街」
アーケードで続く結構な商店街だ。
なぜかなつかしい風景。
高いアーケードはミラノの庶民版のようでもある。
地元民GOさんによれば昔は「天神」などではなく、ここが買い物の場所だったらしい。

HPにも「川端町は博多で最初に栄えた商業の町として博多祇園山笠の町として知られています。」とあった。なるほどねえ。

まずは「ぜんざい、ぜんざい」と進む。
200711_109

ありました、
「川端ぜんざい広場」
昭和60年で途絶えたのを復活させたらしい。

勇んで近寄ると、あぁ無常!
「本日は定休日なり」
「本日は晴天」なのになあ。(関係ないか。)200711_102


200711_103 奥に入ってみると、広場には大きな飾り。これが「山笠」ですね。
「ぜんざい広場中央に飾られている、
「八番山笠上川端通り」。

雅源氏物語(人形師・田中勇)。
昔ながらの飾り舁き山の形で実際に担ぎ櫛田入りするのは、数ある山笠の中でもこの八番山笠だけです。」hpより

200711_104
すばらしい。初めてみた。
東北のねぶた竿灯とも通じるものがあり、
日本の文化だなあ。

200711_108すぐ後ろは川
これも良い。
博多川というらしい。

堪能して満足して、
「いやまだ、ぜんざいが・・・」

近くに「中州ぜんざい」という店があるらしい。
商店街を端まで歩く。
いろいろなお店があって楽しい。
商店街の十字路で単独行動中のKさんにばったり出会う。
これも面白いご縁です。
「ぜんざい食べに行くけど、行かない?」
屋台のほうが興味があるようで右と左へお別れしまして。
また商店街を進み、
帰りにこれを買おうかな、あれにしようかな、
うろちょろしつつも目標は忘れない。
「中州ぜんざい」

200711_112橋のたもとの小さめなお店。

みんなでそれぞれ注文。
200711_120 女主人の「これが大人の味です。」に
大人になりたい私とARさんは早速それを注文した。
抹茶とアイスののったぜんざい。

小豆が大粒で結構ボリュームがありました。600円
200711_115 200711_118
食べ終わって
外に出て、ふと見ると神社がある。
神社を見つけて素通りはできない。
「ご挨拶せにゃ」みたいな方言でGEさんがいうものだから、同感して近づいてみる。

石碑を見れば「えー 櫛田神社!?」
昨日行ったこと無いといっていた大きな意味での地元のGEさんであった。
これもご縁ですかねぇ。(続く)

|

« 博多ラーメンで住吉神社へ③ | トップページ | 山笠の櫛田神社…⑤ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

私と仲間と」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 博多ラーメンで住吉神社へ③ | トップページ | 山笠の櫛田神社…⑤ »