« 秋になった、『裁きの街』キース・ピータースン | トップページ | 敬老の日記念…群馬へ①…名胡桃城址 »

2007年9月15日 (土)

懲りない洋裁店

20079_023 実家の母も衣類や布の整理中のようで、
昔作ったジャケットで着ていないのが出てきた。

私の好きな色で、
早速持って帰ってほどき、まごっちのジャンパースカートを作った。

出来上がって夫に「かわいいでしょ。」といったら
もうそんなに大きくなったんだっけ?」
「あちゃー、やっぱり?」

どう見ても3歳児以上だ。90センチで作ったのだけどなあ。
服つくりは難しいな。全く。っていうか学習しない私だ。
まあいいさ、裾をあげれば・・・
まずは明日着せてみよう。(OZAPシリーズ 8 7へ9へ))

|

« 秋になった、『裁きの街』キース・ピータースン | トップページ | 敬老の日記念…群馬へ①…名胡桃城址 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

家族のテーブル」カテゴリの記事

楽しく暮らす・衣食住」カテゴリの記事

OZAP洋裁店」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋になった、『裁きの街』キース・ピータースン | トップページ | 敬老の日記念…群馬へ①…名胡桃城址 »