« 「われもこう」に思う秋かな。 | トップページ | 9月、地球を思う。(と、大きく言ってみる) »

2007年8月31日 (金)

ガス漏れ騒動記!?

今日はのんびり家の中のことを・・
と思っていたきのうの午前中のことである。

ぴんぽーん、「ガスメーターの取替えです。
終わったらコンロの火で着火確認します。」
「えっ家にあがってくるの?」(相変わらずの家である。)
「はい」

大変だぁ、ガス台をちゃちゃっと一応掃除し、流しの茶碗を洗い、
「すみません、散らかっていて。」などと言いつつ、
ガスをびーっとつけて、係りの方はもう一度ドアの外へ。

そして
「アのですね。ガス漏れがしているようなのですよ。少しですが。
今担当を呼びましたので。」
「あらまあ。」
しかしまだ気軽な気持ちでいた。

しばらくしてピンポーン
担当さんがやってきた。
お風呂、コンロと検査機をもって確認していくがなかなか確認できないようで。

ついに家にあるガスの口を全部確認したいとおっしゃる。
確か部屋ごとに壁についていたが、もうずーっと使っていない。
どこにあったかさえおぼろ。

だいたい、
そんな壁はみんな厳重に家具で覆われており、
家具の上にも荷物がびっしり。
しかもその上には長年溜め込んだほこりまでが積もって、コーティングされている。

そんな家具の中身を引っ張り出し、
隙間に置かれた雑物までほじくりかえし、
やっと家具を壁からひき離し、
ガスの口の存在を確認。
そんな思いをして、検知器で調べても、どこももれてなーい。

そんなこんなで今は3時過ぎ
床下のガス管の継ぎ手のねじ山とか隙間があるかも、ということで
そこにしみこむような液体を各ガス口から吹き込むらしいのだ。
また今度!というわけにも行かないようで・・・

最初1人、
次に老練そうな専門家らしい人たち2人、その吹き込む道具を持って来た人1人
さらに主任のような人1人などやってきて
これから始める大捜査。ってなとこですかね。

何しろ家中なので、どこにも隠れられず、
パソコンの椅子に座り、実況中継であります。
順番に栓をあけたり閉めたり、吹き込んだりで、2時間以上

で結果はどうなのか。

6時になろうとする時間、
待ちながら私は考えていた。
あの棚の上のぬいぐるみたちはもう要らないだろう。
スリムになろう、と。

7時すこし前「直りました!」
これで直らなかったら床をはがして・・・もう古いからなあ。
ひぇーっ、いくらかかるのじゃろう、ひそひそ夫とそんな話をしていたところだった。

「応急措置ですのでまた漏れるかもしれません。」
そうですか、いつかは床をはがして直すことも考えて・・
しかしとりあえずよかった。

皆々様お疲れ様でありました。
古くなるといろいろ壊れるものです。

|

« 「われもこう」に思う秋かな。 | トップページ | 9月、地球を思う。(と、大きく言ってみる) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「われもこう」に思う秋かな。 | トップページ | 9月、地球を思う。(と、大きく言ってみる) »