« ペルセウス座流星群と『カナスピカ』 | トップページ | 毎日を生きるということ »

2007年8月15日 (水)

映画『フォーチューン クッキー』

210m4prtt8l 録りだめしてあったビデオを見た。
意味もわからず始まって「ディズニー」かぁ。2003年 27

内容(「VIDEO INSIDER JAPAN」データベースより)
ジョディ・フォスター主演の『フリーキー・フライデー』をマーク・ウォーターズがリメイク。顔を合わせれば衝突ばかりの母と娘が未来を占うクッキーを食べたのをきっかけに、体が入れ替わってしまったことで、互いへの思いやりと愛情を再発見していく。

まあ気楽に見ましょう。
予想できる結末にワイン片手にのんびり見ました。
ハッピーエンドは良いです。

分かり合えるってことは大事
相手の立場になって考えることが大事ってことが言いたいことかな。

良くある入れ替え物語。
1976年にジョディ・フォスター主演で映画化された『FREAKY FRIDAY』のリメイクという。
ママが良い味を出している。
けんかばかりの弟もなかなかである。

昔見た映画は黒人と入れ替わった白人少年だった。
男と女は「転校生」
今やってるテレビドラマにもそんなのがあるらしい。パパと娘?

フォーチューン クッキーとはアメリカの中華料理屋で最後に出されるクッキーらしい。
中におみくじが入っている。

よくある話ではあるけれど
音楽も楽しく、面白かった。

|

« ペルセウス座流星群と『カナスピカ』 | トップページ | 毎日を生きるということ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ペルセウス座流星群と『カナスピカ』 | トップページ | 毎日を生きるということ »