« 『しゃべれどもしゃべれども』佐藤 多佳子 | トップページ | 夏の花二つ »

2007年8月 5日 (日)

ウィンナが箱一杯と映画2本

200781_116 ポークウィンナ500グラムが三種類 1500グラム
フランクフルト 900グラム+600グラム
串つきポークフランク 50グラムが16本 800グラム

計7袋、計3,8キロ届いた。

息子2が先日言ってたな。
「焼肉のときみんなウィンナウィンナって言うから・・・」
「そうだね、ありがとう。」
帰ってきたとき食べましょう。
冷凍庫の一段を必死に詰めて押し込んだ。

そして、週末1人だったので見た映画2本

シェフと素顔と、おいしい時間 シェフと素顔と、おいしい時間

販売元:松竹
発売日:2004/02/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

前に気になっていた映画。24
ジャンレノがいい。声もフランス語も素敵。
化粧をする様子も面白い。題名どおりの映画である。
Amazon.co.jp
   メイキャップアーティストのローズと元有名シェフのフェリックスは、それぞれの事情でシャルルドゴール空港で足止めを食らっていた。ローズが携帯電話をフェリックスに借りたことから、ふたりは言葉を交わす。その後、ストで飛行機が欠航になり、空港で寝ようとするローズをフェリックスが渋々誘い、ふたりはホテルで一泊することになるのだが。
   まったく水と油と思われた男女が、ふたりだけのディナーをきっかけによそゆきの仮面をはずし、親密になっていくプロセスをセンスのいい会話とシュチュエーションで描いていくフランスのロマンティックコメディー。ジャン・レノがカタブツなシェフを控えめに演じ、ド派手なメイクアーティストを演じるジュリエット・ビノシュをサポートしているのが好感度大。シャルルドゴール空港での臨場感あふれるロケも見応えあり。(斎藤 香)

「ニューヨークの恋人」 25
よくある題名で見た気がしていたが、やはりみたことはあったが、
見てしまった。
こういう肩のこらないのはいい。
「ニューヨークの恋人たち」はヘプバーンの作品だった。
こちらはメグライアンの時間トリップもの。

|

« 『しゃべれどもしゃべれども』佐藤 多佳子 | トップページ | 夏の花二つ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

家族のテーブル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『しゃべれどもしゃべれども』佐藤 多佳子 | トップページ | 夏の花二つ »