« 『ハリーポッターと謎のプリンス』 | トップページ | 1歳の重み »

2007年7月30日 (月)

富士山にふられたおじ

200772130_052 日曜日午前早く娘はまごっちと帰っていった。(足掛け10日の滞在であった。)
その後すぐ車で出かける。
九州から父方のおじが来るのだ。

駅に迎えにいき、父の墓参りをすませ、
河口湖へ行く。
前回おじ夫婦と行ったときは富士山が見えなかったので再挑戦である。
しかし、天気予報は雨。
ホテルに入るまで雨には降られなかったが、
富士山の真正面のホテルも惜しく
残念ながら今回もふられた。
残念だったね、おじさん、秋にまた来てね,と話す。
温泉に入り、話し、一泊して新横浜から帰っていった。

父の弟で母と同じ84歳
いっそう父に似てきている。
夫など「おとうさん」と何度か言いかけていた。
父にしていたようにお風呂で背中も流し、
「お父さんもきっと喜んでくれてるね。」と話す。

おじの話すバリバリの肥後弁は福島生まれの夫には全部理解はできないようだ。
そう言う私も何とか前後をつなげて想像力で理解している。
「さらっせんじゃけん、だども、こまかぁことしよるけん、よかろーいいよるだども」
みたいな話。
よくわからないのだが、なんだか楽しい。
尊敬の「られ」が多い気がしていいなあと思う。
Pdrm0002_1
どうぞ また元気で来てくださいね。
こんな富士山が見えるときに。(去年の3月

それまでお互い元気にいましょう、
と同じ年の母は言っていた。

|

« 『ハリーポッターと謎のプリンス』 | トップページ | 1歳の重み »

旅行・地域」カテゴリの記事

家族のテーブル」カテゴリの記事

自然 山 植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『ハリーポッターと謎のプリンス』 | トップページ | 1歳の重み »