« 無事帰ってみたら、当たった!勝ち樽! | トップページ | 6月に5月のかぜが吹く »

2007年6月 1日 (金)

『リズム』『ゴールドフィッシュ』森絵都

リズム ゴールド・フィッシュ
28、29冊目

森絵都さんの本「カラフル」「ダイブ」に続いて

「自分のリズムを大切にしろよ。
まわりがどんなに変わっても、さゆきはさゆきのままでいられるかもしれない。」

誰にでもある未来
「未来はぽっかりあいているからいいわね。できるだけステキなことでうめていきたいわ」

それから2年…『ゴールドフィッシュ』は『リズム』の続編。さゆきは15歳。
いつの間にかたくましくなってきたテツ。夢を追いかけていく真ちゃん。それを応援し続けるさゆき。それぞれのリズムが。

「さゆきちゃんはさゆきちゃんの夢を、自分の力でつくりあげていきなさい」というおじさんの言葉に自分のリズムを取りもどそうとし始めるさゆき。
つらい時期を乗り越えさゆきがグンと成長してゆく。
つらいことを考えないために勉強をするさゆき。
次から次へと暗記して行き、かえって周りに心配させる。

どうにも面白い主人公。誰かに似てる気がして・・・
最後はしっかり自分のリズムをたたき出す。
「あたしのリズムを取りもどさなくては。」

輝くような若さと痛いほどの感性とそして出会う人々。
そうして大きくなって行く(来た?)んだね、私たちも。
よく考えたらきっとそう。

自分のリズム自分の人生

私にとっては最初の本「カラフル」がよかったかな。

|

« 無事帰ってみたら、当たった!勝ち樽! | トップページ | 6月に5月のかぜが吹く »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 無事帰ってみたら、当たった!勝ち樽! | トップページ | 6月に5月のかぜが吹く »