« 『チーム・バチスタの栄光』海堂 尊 | トップページ | 『ラッシュライフ』伊坂幸太郎・・・テレビは桜三昧 »

2007年4月16日 (月)

『カラフル』 森 絵都・・読書三昧の週末

金、土の夜、何年かぶりに私は一人だった。
ロス五輪のとき以来だ。
で、私は食事はカップめん、パン、野菜ジュース、羊羹、コーヒー、今川焼きなどという
たいそう不健康な暮らしをしつつ、読書三昧。(仕事もしたけどね。)

一応母や息子2にこんないけない暮らしをしちょります、と連絡し
なんとなく許しをもらって、安堵しつつ、振り向けばごみの部屋。
「私が一人暮らしになるとこんなかも。お母さんとこは人が来るから良いけどね。」
いけないいけない・・反省。

カラフル  15
少し前に読書仲間が書いていた「森 絵都」の本。
そしてたまたま読書好きの娘のブログにも取り上げられていた。
図書館に行ったときメモって行ったが、同じ本がなく、これがあった。「カラフル

少年少女小説なのかな。
大きめの文字で読みやすい。
誰もいない週末ひっくり返ってあっという間に読んだ。

14歳の少年の思い。
人はいろんな思いの中で生きているんだ。
みんな同じでもなく、みんな一色でもない。
いろんな色の世界を持っている。
同じものでも見る面が違えば色も見え方も違うんだよ。
そして自分の心も、たくさんの可能性がある。

一度きりの人生(一般的には・・・)
楽しく、カラフルに送ろうね。
14歳ぐらいの人にも
そしてかつて、昔に、14歳だった人にも送る本。

読後感は良い。ユーモアに包まれた人情。人生これから、応援小説。
ほんわかと心に残る。おもしろかった。

内容(「BOOK」データベースより)
いいかげんな天使が、一度死んだはずのぼくに言った。「おめでとうございます、抽選にあたりました!」ありがたくも、他人の体にホームステイすることになるという。前世の記憶もないまま、借りものの体でぼくはさしてめでたくもない下界生活にまいもどり…気がつくと、ぼくは小林真だった。ぐっとくる!ハートウォーミング・コメディ。

|

« 『チーム・バチスタの栄光』海堂 尊 | トップページ | 『ラッシュライフ』伊坂幸太郎・・・テレビは桜三昧 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『チーム・バチスタの栄光』海堂 尊 | トップページ | 『ラッシュライフ』伊坂幸太郎・・・テレビは桜三昧 »