« 映画「筆子・その愛 天使のピアノ」 | トップページ | 初めての友人宅 »

2007年2月15日 (木)

下北沢の町

P1100450_1 映画を見るために下北沢に久しぶりに行った。
前に行った時は布やアンティークを買いに行ったっけ。
相変わらず道は狭いし、人も多い。
道はあちこちで交差し、入り組んで迷い道。
若者の街、演劇の町、音楽の町でもあるらしい。

スズナリ横町のことはなぜか知っていた。
今回行ったのは「ザ・スズナリ」ではなく、隣のレトロな映画館だった。2階が右と左に別れている。
演劇のメッカとなった下北沢。本多劇場始め5つある。1981年に誕生した「ザ・スズナリ」は、”シモキタ“最初の小劇場として、その原点を築いたという。 左は映画館の廊下。
P1100467  P1100479 下北沢が演劇の盛んP1100477 な街へと変化していったのは、80年代。
本多劇場は有名だが新しくなってから初めて見た入り口。(中の写真)
ザ・スズナリなど現在6つの劇場主である本多一夫さんが作った。 

そして今この辺が都市計画されているようで、反対の文面も見られた。
良いのか悪いのか。
ここにしかない風情を壊さないで欲しいとは思う。
夕方の道には人がいっぱいだった。

折しも今日見たテレビで「地井さんの散歩(ちいさんぽ)」が下北沢だった。
ジャズ喫茶「マサコ」も気になるなあ。

|

« 映画「筆子・その愛 天使のピアノ」 | トップページ | 初めての友人宅 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 映画「筆子・その愛 天使のピアノ」 | トップページ | 初めての友人宅 »