« おいしいものには… | トップページ | 映画と読書 »

2007年1月24日 (水)

寒中見舞い

123105_2   結婚以来ずっと賀状をやりとりしている方から寒中見舞いが届いた。
大学の、たぶん今は名誉教授。以下はその文面


お元気でお過ごしのご様子、何よりのことと存じます。
親しい友人知人を次々と亡くし、さびしくなりましたが、私自身は若い時から自分に課してきた規律
愚痴、不平不満を言わない。」頭はクールに、心は温かく」「自分の人生は自分がつくる(他人と010807 は比較しない)」を守り、楽しい毎日を送っています。
まだまだ勉強しなければならないこと、勉強したいことが山のようにあり、書斎にこもっています。
寒さ厳しい折、ご自愛下さい。」

思わずうなってしまった。
うーん。
うらやましい、感動、すごい、かくありたい。
1924年生まれとあったから、
たぶん82011401 歳ぐらいだと思う。
先を行く人生の先輩に教えられて、
私も、とことこ、あとを付いていきたいなあ。

写真は息子1のHPからもらったお気に入り3点。
上から
蔵王懺悔坂辺り、
あられ降る兵庫余部鉄橋、
群馬嬬恋スキー場から浅間山の朝焼け。(1月の旅行から、親に似て・・・)

|

« おいしいものには… | トップページ | 映画と読書 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

自然 山 植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おいしいものには… | トップページ | 映画と読書 »