« 正月飾り | トップページ | 正月に着物 »

2007年1月 3日 (水)

正月とお酒

P1090518 去年の正月、毎年の蔵王スキーから帰ってきた息子
「『初孫』って言う酒を買うかとも思ったけど、まだやめたよ。」
「はつまご?そう言うのがあるんだ。」
なぜそう言ったのかわからず、全然ぴんと来ない私であった。「孫」などという言葉に実感など無かったね。

それから一年、孫は元旦で満五ヶ月。
テーブルの上に置いてあった蔵王土産のお酒「初孫
今ならそうっかぁ、そう言うことかぁ、とわかる。ありがとう。
「思わずこれも大吟醸を買いそうになったよ。」「もう良いよ。」と私。
今のが空いたら飲みましょう。
P1090409 そして正月用のお酒。
「純米大吟醸 一乃谷」
去年息子が同じくお土産に買ってきてくれたもの。
福井の酒屋さんで
「僕は酒飲まないんですが。家にお土産に買おうと思って。」と相談したら
「そりゃぁご両親大喜びだね。息子に買ってもらえるなんて。しあわせだぁ。親孝行だ。」(今思ったが夫はあまり飲んでいないが、一応「両親」と書いておく。)
とか言う酒屋さんにすっかり乗せられて(たぶん酒屋さんも同じ年代だったんでしょう)
ご主人大絶賛の大吟醸を買ってきてしまったらしい。いつも土産に買う値段の倍以上もしたようだ。福井の伝統ある宇野酒造場製。

これはもったいなので「お正月に飲もう」という息子2のお言葉。
私だって我慢はできるさ。そしてお正月、やっとこさ飲めた。
「おいしいね。」「おいしかったよ。このおいしさはねぇ。」
「良いよ、どう美味いかなんて聞いてもわからないから、ただ『おいしい』だけで。」
そうか、「おいしい!」と息子2と二人で飲みました。ちびりちびり
めでたく瓶が空いた時、まためでたくあけることだろう。なんのこっちゃ(一昨年)

|

« 正月飾り | トップページ | 正月に着物 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

楽しく暮らす・衣食住」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 正月飾り | トップページ | 正月に着物 »