« 永源寺…湖東の旅⑦ | トップページ | 湖東の旅の翌日 »

2006年11月29日 (水)

国道421号・石榑峠から三重へ⑧

永源寺から国道421号を通って帰ろうという息子1。
地図で見ると確かにそのほうが近い気がする。
しかし、2トン車以上は通れないという道だ。どうやら息子は密かに計画していたらしい。

P1080231 P1080228 最初は永源寺ダムに添って、それからその上流の川沿いに、のんびり行きます。

細いけど交差がそれほど難しいようでもない。これから天気がくずれるという予報。峠は雨かな。P1080236 P1080237
「京の水」
というわき水。
せっかくなので水を汲みましょう。

次第に細くなる道。
でも、それほど混んでもいないので、二度ほどバックしたりして交差すると、突然、峠、というか、大きな頑丈なコンクリートの門!P1080240 P1080246
チャレンジャーは次々にやってきます。
っていうか
普通に使ってる様子の三重の人。P1080243 P1080245

かすんでいるけど、伊勢湾?が見えます。

寒い。
石榑(いしぐれ)峠です。Ishigure_12 P1080254

三重県側から登ってくる車はものすごい勢いでカーブした坂を登って来る。

見ればまっすぐ行くと門に突き当たり、右に行かなければならない。まっすぐの道はNTTドコモの石榑無線中継所だという。P1080250 P1080252
果敢なチャレンジャー、3ナンバーで、しかもミラーもたたまずに進む。

門から「ぶにゅ」っと無理矢理顔を出しているよう。
しっかりと通って颯爽と滋賀県側へ降りていきました。
交差とかに自信のない人は大きい車では大変だと思いました。
Monn←はわかりにくいでしょうが、無事通り過ぎた我等がワンボックスカーから門を見て。
三重県側はしばらくは車が来たらぜーったい交差はできない急な坂道、細い道。
幸いなことに車には会わず良かった良かった。
三重県側を下ったところにも同じようなコンクリートの門があります。

こういう道、私はちょっと好きかも。
トンネルを造る工事が始まっているようで、この冒険も良い思い出。面白かった。

桑名辺りで回転鮨のお昼を食べ、名古屋の湾岸道路で帰ります。1時半
P1080269 途中で母に「あさり」「はまぐり」「ほたて」の佃煮を買いました。
通っただけなのに、ね。

交替しながら東名を走り。
最後が私で、しばらく走ると「渋滞17キロ!」
走っている間に「25キロ」ほどになり、
しかし、無事に家の近所まで、
夕食を近くのファミレスで食べて、9時頃帰宅。

息子たちと三人で撮った写真をテレビに映して見せ合い、大笑い。
だって写真のどこかに誰かがじゃましてるんだもの。
そのあと第一弾をブログにアップして1時頃、就寝しました。

楽しい、充実した盛りだくさんの旅でした。今年の秋はもう終わって良いよ。なーんてね。

|

« 永源寺…湖東の旅⑦ | トップページ | 湖東の旅の翌日 »

旅行・地域」カテゴリの記事

自然 山 植物」カテゴリの記事

コメント

素晴らしいご家族ですね。

源はやはりサンディさんでしょうね。

よき夫婦の下にお子さんが素直に育った。

幸せですね。

投稿: itiguu | 2006年11月29日 (水) 13時05分

知り合いが1週間前にいったんですって・・そのころはまだ早かったみたい・・ベストタイミングだったんだね・・無事ご帰還よかったよかった

投稿: ぺろ | 2006年11月29日 (水) 20時11分

すばらしいですね~♪
こんな紅葉みられるなんて・・・
         (日ごろの行いがいいからなのね、きっと!)

 「よし、来年は・・・・」と つい、思ってしまいました(ウフフ・・)

良い情報をありがとう~~ 

投稿: ごん | 2006年11月29日 (水) 21時28分

どうもどうも
みなさま。
結果的に最高の紅葉が見られて、そりゃぁ良かったです。
これからも行い良く暮らしたいと思っております。はい。
ごんちゃん
ぜひ行って見てね。京都とはまた違います。

投稿: い | 2006年11月29日 (水) 22時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 永源寺…湖東の旅⑦ | トップページ | 湖東の旅の翌日 »